VR・AR

世界AR/VRヘッドセット市場、2021年は10倍弱の9940万台出荷--年58%のペースで急増

IDCは、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)用ヘットセット市場に関する調査結果を発表した。それによると、全世界の2016年における出荷台数は1010万台だが、2021年には10倍近い9940万台にまで増えると予想している。

 IDCは、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)用ヘットセット市場に関する調査結果を発表した。それによると、全世界の2016年における出荷台数は1010万台だが、2021年には10倍近い9940万台にまで増えると予想している。その間の年平均成長率(CAGR)は58.0%。

 急激なペースで出荷が増える要因として、IDCは消費者向けと企業向けの両方で対応コンテンツが大量に供給されることと、低価格化という2点を挙げた。また、企業ではARおよびVRの導入で生産性の向上が期待できるという。

 企業向けと消費者向けで分けたARおよびVRヘッドセットの出荷台数などは以下のとおり。括弧内は出荷台数ベースのシェア。

  • 企業向け
    • 2016年:200万台(20.1%)
    • 2021年:3830万台(38.5%)
    • CAGR:80.0%
  • 消費者向け
    • 2016年:810万台(79.9%)
    • 2021年:6110万台(61.5%)
    • CAGR:49.9%
  • 合計
    • 2016年:1010万台
    • 2021年:9940万台
    • CAGR:58.0%

出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)

 VRヘッドセットとARヘッドセットの出荷台数は、以下のように推移すると予測した。

  • VRヘッドセット
    • 2016年:1000万台
    • 2017年:2160万台
    • 2018年:3410万台
    • 2019年:4670万台
    • 2020年:6090万台
    • 2021年:7200万台
  • ARヘッドセット
    • 2016年:10万台
    • 2017年:50万台
    • 2018年:160万台
    • 2019年:520万台
    • 2020年:1430万台
    • 2021年:2730万台

出荷台数をARとVRで分類(出典:IDC)
出荷台数をARとVRで分類(出典:IDC)

 ARヘッドセットの出荷台数はVRヘッドセットに比べ相当少ないものの、大きな売上高が期待できる見通し。具体的には、ARヘッドセットがVRヘッドセットの売上高を逆転するとみている。

  • VRヘッドセット
    • 2016年:21億ドル
    • 2021年:186億ドル
  • ARヘッドセット
    • 2016年:2億900万ドル
    • 2021年:487億ドル

売上高(出典:IDCの公表データをグラフ化)
売上高(出典:IDCの公表データをグラフ化)

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]