統計解析 ブレインパッド

WPS:SAS言語を実行できるデータ分析ソフト--PythonやSPSSにも対応

データ分析ソフトの「WPS Software」は、SAS言語で記述されたスクリプトやプログラムを実行できる。回帰分析や主成分分析、因子分析などの手法に対応し、PythonやSPSSにも対応する。

WPS Softwareのポイント

  • SAS言語で記述されたスクリプトやプログラムを実行可能
  • 回帰分析、主成分分析、因子分析、ロジスティック回帰などの統計手法に対応
  • 多くのデータベースやファイルシステムとの接続も可能

WPS Softwareの製品解説

 「WPS Software」は、SAS言語で記述されたスクリプトやプログラムの実行が可能なデータ分析ソフトだ。データ加工、集計、レポーティング、統計処理、グラフ処理など、さまざまなデータ分析機能を持つ。

編集部おすすめの関連記事

 英国のWorld Programmingが開発したSAS言語が稼働するシステムで、データ加工、マクロ処理、クロス集計などのほか、回帰分析、主成分分析、因子分析、ロジスティック回帰などの多様な統計手法をサポートする。Pythonにも対応している。

 SASデータセット形式のほかに、Oracle Database、Teradata、IBM DB2、Microsoft SQL Server、SAP Sybase IQ、SAP HANAなどのデータベースとの接続が可能。テキストやSPSS、Excel、Accessといったファイル形式にも対応する。企業が保有するさまざまなデータ形式の顧客マスタ、購買履歴、アクセスログなどのデータを加工集計し、分析やデータ統合に役立てられる。

WPS Softwareのまとめ
用途と機能SAS言語のプログラムを実行できるデータ分析ソフト
特徴データ加工、マクロ処理、クロス集計などのほか、回帰分析、主成分分析、因子分析、ロジスティック回帰などの多様な統計手法をサポート。多くのデータベースやファイルシステムとの接続も可能

「統計解析」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]