クラウド クラウドサービス

「Amazon S3」入門--多数の新機能が追加されるクラウド型オブジェクトストレージ

「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は、Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドベースのストレージサービスだ。ここでは、Amazon S3の機能、メリット、料金といった基本情報を紹介する(2017年3月21日公開、2020年12月21日更新)。

 今では大量のユーザー生成コンテンツがソーシャルネットワークやメディアウェブサイトにアップロードされており、ビデオストリーミングサービスが普及しているため、ウェブサービスのストレージ要件はかつてないほど高まっている。事業の急成長に伴い新たにユーザーを追加する場合は、速やかに拡張してユーザーの需要に対応しなければならない。多くの組織は自前のストレージを拡張するのではなく、「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」を利用してストレージ要件に対処している。

 この入門記事では、オブジェクトストレージサービスAmazon S3について簡潔に紹介する。

概要

  • どんなものなのか:さまざまな用途でデータの保存や取得に利用できるデータストレージサービスだ。
  • なぜ重要なのか:データストレージのハードウェアと保守の費用を大幅に削減できるからだ。
  • 誰が影響を受けるのか:単一のユーザーから大企業まで、どんな組織にもAmazon S3を利用するメリットがある。
  • いつから利用できるのか:2006年に提供が開始された。それ以来、地理的リージョンや関連サービスが追加されている。
  • どうすれば利用を開始できるのか:無料利用枠で「Amazon Web Services(AWS)」の使用を開始することができる。無料利用枠では、制限付きで最長1年間にわたってAWSを無料で利用できる。

どんなものなのか

 さまざまな用途でデータの保存や取得に使用できるデータストレージサービスだ。用途の例としては、ウェブページやモバイルアプリで使用される静的データ、社内ビジネスデータの冗長化や保存、長期のデータバックアップなどがある。そのためAmazon S3では、考えられる多様な用途に対応できるよう、複数のストレージクラスが用意されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4099文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]