その他セキュリティ

ObserveIT:操作の証跡を動画とログで記録する内部不正対策システム

内部不正対策システムの「ObserveIT」は、エンドユーザーのシステム操作を動画データとテキストログで記録して、内部不正対策を強化できる。アプリケーション自体にログ生成機能がなくてもログを取れる。

ObserveITのポイント

  • システム操作の証跡を動画データとテキストログで記録
  • SSHやTelnet、RDP、ICAなどのプロトコルに対応
  • アプリケーションに生成機能がなくてもログを記録できる

ObserveITの製品解説

 「ObserveIT(オブザーブイット)」は、ユーザー操作を記録し、内部不正のリスクを明らかにする内部不正対策システムだ。SSHやTelnet、RDP、Citrix ICA、VMware Viewなどのプロトコルに対応し、システム操作の証跡を動画データとテキストログで記録する。ポリシー違反の振る舞いを検出したり、インシデント発生時の調査に利用したりできる。

編集部おすすめの関連記事

 監視対象のサーバやクライアントにエージェントをインストールすると、システムファイルの編集やOS設定の変更、FTPサーバへのファイル送信、ファイルの削除、特定URLへのアクセスなどを把握できる。ゲートウェイに設置して、そこを通過する通信内容を記録対象とする運用も可能。

 テキストログには、ユーザーが操作したアプリケーション、リソース、コマンドなどをリストで保持。アプリケーション自体にログ生成機能がなくても機能する。定型レポートには詳細説明用の動画リンクも添付される。

 記録したユーザー操作の動画データとテキストログを、セキュリティ情報イベント管理(SIEM)やログ解析ソフトウェアと連携させることも可能だ。

ObserveITのまとめ
用途と機能ユーザー操作を記録し、内部不正のリスクを明らかにする内部不正対策システム
特徴SSHやRDP、Citrix ICA、VMware Viewなどのプロトコルに対応。システム操作の証跡を動画データとテキストログで記録する。ポリシー違反の振る舞いを検出したり、インシデント発生時の調査に利用したりできる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SUBARU事例:運転支援システム「アイサイト」の実用化を支えた膨大な画像データの管理・活用
  2. 「デジタル変革」成功の5つの成功要因とは?--アルファブロガーRay Wang氏インタビュー
  3. 注目されるオペレーショナル・データベース管理システムの最新動向―最新ガートナーマジッククワドラント
  4. IoTを活用してコスト削減と効率性向上を実現する4つの方法
  5. 添付ファイルの攻撃が前年比2.5倍?!今を“知り”、セキュリティ強化のポイントを考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan