CMS サイバーテック

Publish MakerX:“トピックライティング”手法を取り入れたCMS--印刷にも対応

CMSの「Publish MakerX」は、トピック単位で原稿を入稿、編集する“トピックライティング”がベース。コンテンツをXML形式でマスターデータ化。テキストや図版などの制作から管理までを一元化する。

Publish MakerXのポイント

  • トピック単位で原稿を入稿、編集する“トピックライティング”を採用
  • XMLデータベース「NeoCore」を内蔵し、コンテンツの検索と管理が可能
  • ウェブページや印刷、電子書籍などの形式に出力可能

Publish MakerXの製品解説

 サイバーテックの「Publish MakerX」は、“トピックライティング”と呼ばれる手法を取り入れた制作業務を支援するコンテンツ管理システム(CMS)だ。テキストや図版などのコンテンツ制作から管理までを一元化する。

編集部おすすめの関連記事

 トピックライティングとは、コンテンツの構造に従って部品化された「トピック」単位で原稿を入稿、編集するもので、コンテンツの修正もれや重複を防げるという。生成されたトピックは、コンテンツ全体の構造を表すXMLファイルによって関連付けされ、「マップ」としてまとめられる。

 例えば、出版コンテンツであれば、冊子などの出力単位がマップとなる。コンテンツは、内部プレビュー用のPDF、印刷データ入稿用のPDF/X-1a、ウェブ公開用のHTML、電子書籍用のEPUB、社内システム連携用のXMLなどの形式で出力することが可能だ。

 XMLデータベース「NeoCore」を内蔵しており、コンテンツをXML形式でマスターデータ化する。テキストだけでなく、画像、動画、PDF、CAD、DTPなど、多彩なバイナリデータを素材管理する。素材データに属性を付与できるため、著作権や利用制限などといった管理情報も登録が可能だ。属性検索や全文検索に対応する。

 ワークフロー機能も搭載する。承認と未承認のステータスを確認でき、メール通知も可能。ユーザー管理、グループ管理、機能制限の設定、コンテンツ操作ログの閲覧など、システム管理者向けの機能も備える。利用者やグループ単位で利用可能な機能を制限できるため、外部の執筆者に対してセキュリティを確保しながら必要な機能だけを利用させることも可能だ。

Publish MakerXのまとめ
用途と機能“トピックライティング”と呼ばれる手法を取り入れたCMS
特徴コンテンツをXML形式でマスターデータ化。テキストや図版などのコンテンツ制作から管理までを一元化する。PDF、PDF/X-1a、HTML、EPUB、XMLなど、多彩な形式で出力可能

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan