SSO NTTテクノクロス

CSLGuard:クラサバ系とウェブ系に対応するSSO--特権IDも一元管理

SSOシステムの「CSLGuard」は、ウェブ系や(C/S)系に対応。異なるOSやデータベースの特権IDも一元管理できる。システム側の共有IDでも個人単位のSSO用IDとひも付けされているため、個人用ログとして追跡できる。

CSLGuardのポイント

  • ウェブ系に加えてクライアント/サーバ系にも対応
  • 異なるOSやデータベースの特権IDも一元管理できる
  • 部署、役職などに応じたアクセス権限の設定や各種履歴の取得も行える

CSLGuardの製品解説

 NTTソフトウェアの「CSLGuard(コンソールガード)」は、1度の認証で許可された全てのシステムへのアクセスを可能にするシングルサインオン(SSO)システム。全社的に統一したアクセス環境を構築できる。

編集部おすすめの関連記事

 作業者や従業員は、各自に配布された単一のログイン情報で複数の業務システムにアクセスできようになる。CSLGuardがアクセスしたい業務システムなどへの認証を代行する。TeraTermやリモートデスクトップをはじめ、ウェブ系に加えてクライアント/サーバ(C/S)系の業務システムでもSSOが可能となり、複数のIDとパスワードを管理する必要がなくなる。異なるOSやデータベースの特権IDも一元管理できる。

 利用者ごとにシステムへアクセスできる時間帯や必要なアクセス権限を制御できる。システムに登録されているパスワードが隠蔽(いんぺい)されるため、セキュリティの強化や不正アクセスの防止に役立てられる。

 誰がいつどのサーバにどのIDでログインしたかを記録する。アクセスログをレポートとして監査に活用できるほか、システム側の共有IDでも個人単位のSSO用IDとひも付けされているため、個人用ログとして追跡できる。さらに、認証サーバへのアクセスができない場合でも履歴などを参照して認証を継続する。

CSLGuardのまとめ
用途と機能ウェブ系やC/S系のシステムに対応するSSO
特徴複数のIDとパスワードを管理する必要がなくなり、異なるOSやデータベースの特権IDも一元管理。利用者ごとのアクセス制御や個人のアクセスログ取得も可能で、認証サーバがダウンしても機能を維持する
導入企業沖縄銀行、伊予銀行、サトー、東京国際空港ターミナル、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  2. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  5. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan