VR・AR IoT 野村総合研究所

ビジネスでのチャットボット活用ニーズが拡大、パーソナルエージェントに進化

NRIによると、今後は「チャットボット」が大きく進展するという。2018年度にかけて、チャットボットを利用した決済サービスなどがチャットプラットフォームからAPIとして提供され始めるという。

 野村総合研究所(NRI)が3月9日に発表した2021年までの「ITロードマップ」によると、今後は「チャットボット」が大きく進展するという。

 ITロードマップは、これからのビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が2021年までにどのように進展し実用化されるかを予測したもの。

残り本文:約787文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan