OCR NTTデータ パナソニック ソリューションテクノロジー ハンモック 日立超LSIシステムズ エーディーディー

伝票や書類のシステム入力を効率化するOCR 5選--手書きや多言語にも対応

OCRは、スキャナなどから読み込んだ文字情報をテキストデータに変換して、伝票や書類のシステム入力作業を効率化できる。手書きにも対応するものもある。読取精度をいかに高められるかが重要だ。

 光学文字読み取り(OCR)とは、スキャナなどから読み込んだ文字情報をテキストデータに変換するものだ。伝票や書類の電子化のほかに、手書き文字の読み取りに対応するソフトも増えている。

 文字認識は文字の読み取り位置を指定することで精度を高める。そのため、フォーマットの決まった帳票に特化したものが多い。帳票の作成機能などを備える場合もある。対応する帳票の種類などによって違いがある。多言語に対応したり、画像内の文字を認識したりできる製品もある。

1.帳票OCR

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1278文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]