AI・機械学習 CRM

AI活用でCRMデータからより深い洞察--IBMとセールスフォースの提携がもたらすもの

IBMとセールスフォースの新たな提携により、セールスフォースの顧客が「Einstein」を「IBM Watson」と併せて使用することで、既存のCRMデータからより深い洞察を導き出せるようになる。

 IBMとSalesforceは米国時間3月6日、両社が新たな提携を結んだことを発表した。この提携により、Salesforceの顧客が「IBM Watson」を「Salesforce Einstein」と併せて使用することで、既存のCRMデータからより深い洞察を導き出せるようになる。

 今回の提携はプレスリリースを通じて発表された。この提携により、Watsonへのアクセスが「Salesforce Intelligent Customer Success Platform」にもたらされる。WatsonとEinsteinは、天気、医療、金融、小売りなどの業界から得られた構造化データおよび非構造化データを参照すると、リリースは述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1205文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan