WAF 脆弱性診断 NTTテクノクロス

TrustShelter:WAFや改ざん検知などのウェブサイト保護サービス--脆弱性情報も収集

ウェブサイト保護サービスの「TrustShelter」は、WAFや改ざん検知、定期診断、脆弱性対応支援、不正通信可視化といった機能で構成。DDoS攻撃などにも対応する。

TrustShelterのポイント

  • WAFはDNS設定で利用、DDoS攻撃にも対応可能
  • 改ざん検知は24時間365日で運用
  • 定期的に脆弱性を診断、脆弱性情報を提供し、対処案を提示

TrustShelterの製品解説

 NTTソフトウェアの「TrustShelter」は、ウェブサイトを多面的に保護するクラウド型セキュリティ対策だ。ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、ウェブ改ざん検知、ウェブセキュリティ診断、脆弱性対応支援、ウェブ不正通信可視化といったサービスで構成される。

編集部おすすめの関連記事

 「TrustShelter/WAF」は、ウェブサイトに対するアクセスをチェックし、分散型サービス拒否(DDos)攻撃などを検知して遮断する。初期導入はDNSの設定変更のみで、新たな攻撃パターンなどの設定も必要ない。コンテンツ配信網(CDN)、負荷分散、フェールオーバなどの機能も備える。

 「TrustShelter/CW」は、ウェブサイトを定期的にチェックし、改ざんの有無を監視する。改ざんを検知するとサイト管理者に通知する。改ざんされる前の状態に自動復旧をすることも可能だ。「TrustShelter/ST」は、ウェブサーバの脆弱性を診断して対策案を提示する。

 「TrustShelter/VA」は、日々発生する脆弱性情報の中から特に重要となる情報を抽出し、脆弱性の管理を支援。社内のリスク状況を可視化し、対処に必要な脆弱性情報やバージョンアップ以外の回避策なども提供する。「TrustShelter/LM」は、企業に内在するリスクを不正通信として検知して可視化する。通信ログを自動収集してさまざまな潜在リスクの発生状況を把握できる。

TrustShelterのまとめ
用途と機能ウェブサイトを多面的に保護するクラウド型セキュリティ対策
特徴WAF、ウェブ改ざん検知、ウェブセキュリティ診断、脆弱性対応支援、ウェブ不正通信可視化といったサービスを搭載。ビジネスへの影響を抑えながら、短時間かつ低コストで導入できる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan