WAF フォーティネットジャパン

FortiWeb WAF:プロトコルや振る舞いなどでウェブアプリへの攻撃に対応

ウェブアプリケーションファイアウォールの「FortiWeb Webアプリケーションファイアウォール」は、ウェブサーバと企業内のイントラネットをつないで、プロトコル検証や振る舞い検知などで対応する。

FortiWeb WAFのポイント

  • プロトコル検証や振る舞い検知、IPアドレスなどで複数の手法で対応
  • ウェブサーバと企業内のイントラネットをつなぐことで脅威を排除
  • レイヤ7の負荷分散機能を備え、アプリケーションを識別して転送処理

FortiWeb WAFの製品解説

 フォーティネットジャパンの「FortiWeb Webアプリケーションファイアウォール」は、クロスサイトスクリプティング(XSS)、SQLインジェクション、バッファオーバーフローなど、アプリケーションレイヤへの攻撃からウェブサーバを保護する。

編集部おすすめの関連記事

 アプライアンス版と仮想ソフトウェア版がある。ウェブサーバと企業内のイントラネットをつなぐことで脅威を排除する仕組みだ。プロトコル検証や振る舞い検知、IPアドレスのポーリング、IPレピュテーション、ウイルス対策、ウェブ攻撃シグネチャなど、相関性のある複数の脅威検知手法を活用する。

 レイヤ7の負荷分散機能では、アプリケーションを識別して転送処理する。防御対象のウェブサーバとアプリケーションの脆弱性を診断し、結果をレポートする機能も備えている。ウェブサーバからの応答を監視し、サーバ設定に関わる情報やクレジットカード情報などの流出も防げる。ウェブサーバのファイルを定期的にチェックすることで改ざんを検出。自動でアラート通知したり、リストアしたりできる。

FortiWeb Webアプリケーションファイアウォールのまとめ
用途と機能ウェブアプリケーションを狙う攻撃からサーバを保護
特徴ウェブサーバと企業内のイントラネットをつなぐことで、多彩な機能で脅威を排除する仕組み。プロトコル検証や振る舞い検知、IPアドレスのポーリング、IPレピュテーション、ウイルス対策、ウェブ攻撃シグネチャなどを活用する

「WAF」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]