人事評価 人事・労務

面接で難しい質問をされたら--冷静に対処するための8つのヒント

テクノロジ企業は、面接で癖のある質問をすることで有名だ。そのような質問が飛んできた際、冷静に対処する方法を教えよう。

 テクノロジ企業の面接で「自己紹介してください」といった質問しかされないような時代はもう過ぎ去ってしまった。Googleが実施する頭の体操のような面接方法を取り入れる企業も複数存在し、「Facebookでは1日に何件『お誕生日おめでとう』という投稿があると思いますか?」や、「大きな石を持ってボートに乗っていたとします。その石を湖に落としたとすると、石を落とす前と落とした後で湖の水位はどう変化するでしょうか?」といった質問が飛んでくることもあるのだ。

 仕事検索サイトを運営するGlassdoorが最近発表したレポートによると、上記2つの質問は実際にFacebookとAppleの面接で聞かれた内容だという。

 一方のGoogleは、数年前にこういったタイプの質問をやめており、のちに同社幹部が自分でも解けない問題であることを認めている。しかし、複数のテクノロジ企業やその他の企業では、未だこうした問題を面接プロセスに取り入れている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3188文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan