脆弱性診断 トレンドマイクロ

ランサムウェア被害、2016年は前年の3.5倍--SCADAの脆弱性は177件

2016年は、ランサムウェアの国内被害報告件数が前年比約3.5倍に増加、産業制御システム(SCADA)の脆弱性が177件確認された。トレンドマイクロが調査した。

 トレンドマイクロが3月2日に発表した報告書によると、2016年は、ランサムウェアの国内被害報告件数が前年比約3.5倍に増加したことが分かった。産業制御システム(Supervisory Control And Data Acquisition:SCADA)の脆弱性が177件確認され、IoTシステムを狙ったサイバー攻撃の懸念も増大した。業務メールの盗み見を発端とした送金詐欺「Business E-mail Compromise(BEC)」が海外の法人組織に巨額の被害をもたらしたことも報告されている。

 国内のランサムウェア被害については、検出台数も前年比約9.8倍に増加。トレンドマイクロが2016年に確認したランサムウェアの新ファミリーは247種類に上り、2015年の29種類と比較して大幅に増加している。

残り本文:約617文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. 進まない多要素認証の普及--技術的課題を解決する方法とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan