ネットワーク ジュニパーネットワークス

「ネットワークやデバイスのセキュリティは十分に信頼」日本は16カ国中最低

ネットワークやデバイスのセキュリティは十分に信頼できる状態にあると答えた日本企業は16カ国中最も低い7%に――。ジュニパーの調査で明らかになっている。

 ジュニパーネットワークスが3月1日に発表した企業と消費者の“デジタルコヒージョン”に対するグローバルでの意識調査によると、ネットワークやデバイスのセキュリティは十分に信頼できる状態にあると答えた日本企業の回答者は、16カ国中最も低い7%にとどまることが分かった。日本以外の企業回答者は25%が信頼できるとしている。

 デジタルコヒージョンとは、予測的で自動化されたネットワークをベースに教育や生活環境全般などに関するデジタルサービスやアプリが統合され、各種サービスが「メガサービス」としてユーザーの行動パターンに適応するようになるという。

 デジタルコヒージョンが実現することで緊急サービスを備えたコミュニティーインフラの改善、プライベート時間の効率的な利用、教育機能や学習機能の強化、家庭用エネルギーの効率性向上などによる生活費の削減、有用な情報に基づく意思決定といったメリットがもたらされると説明している。

残り本文:約600文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan