WAF マルウェア対策 フィルタリング 日立システムズ

SHIELD Webセキュリティ:ウェブアクセス経由の侵入リスクを低減--WAFも提供

セキュリティSaaS「SHIELD Webセキュリティ・オンデマンドサービス」は、マルウェア対策、URLフィルタリング、WAFの機能を提供。ウイルスやスパイウェアの感染予防、業務に不要なサイトの閲覧を制限する。

SHIELD Webセキュリティのポイント

  • マルウェア対策、URLフィルタリング、WAFの機能を兼ね備えたSaaS
  • ウイルスやスパイウェアの感染予防、業務に不要なサイトの閲覧制限
  • ウェブアプリケーションへの攻撃防御、情報漏えいやサイト停止のリスク低減

SHIELD Webセキュリティの製品解説

 日立システムズの「SHIELD Webセキュリティ・オンデマンドサービス」は、マルウェア対策、URLフィルタリング、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の機能を兼ね備えたSaaSだ。用途に応じて2種類のサービスが用意されている。

編集部おすすめの関連記事

 「アンチスパイウェア/アンチウイルス、URLフィルタリング」サービスは、ウェブサイトの閲覧時におけるウイルスやスパイウェアの感染を予防し、ウェブアクセスの安全を確保する。不用意な掲示板サイトへの書き込みやチャット利用を禁止するほか、業務に関係ないウェブサイトの閲覧も制限する。

 「Webアプリケーションファイアウォール」サービスは、ウェブアプリケーションへの攻撃をブロックすることで、情報漏えいやウェブサイトの停止といったリスクを低減する。SQLインジェクション、パラメーター改ざん、バッファーオーバーフロー、データの不正取得といった攻撃からシステムを保護する。

SHIELD Webセキュリティ・オンデマンドサービスのまとめ
用途と機能マルウェア対策、URLフィルタリング、WAFの機能を兼ね備えたSaaS
特徴ウェブサイトの閲覧時におけるウイルスやスパイウェアの感染を予防し、ウェブアクセスの安全性を確保。ウェブアプリケーションへの攻撃をブロックすることで、情報漏えいやウェブサイトの停止といったリスクを低減する
税別価格アンチスパイウェア/アンチウイルス、URLフィルタリング:初期費用が10万円、100人の場合で3万9000円から
Webアプリケーションファイアウォール:初期費用が17万円から、1ドメインあたり月額9万5000円から

「WAF」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]