オープンソース オフィスソフト

「Windows」への回帰に舵を切るミュンヘン市--「Linux」採用から10年後の転換と背景

ドイツのミュンヘン市は、10年前に職員が利用するクライアントを「Windows」から「Linux」に切り替えたが、「Windows」に回帰するという提案を2月に可決した。その背景を探る。

 ミュンヘンがオープンソフトウェアを採用する組織の先駆けとなったのは、10年前のことだ。数千人の職員が利用するクライアントを「Windows」から「Linux」に切り替えたこのプロジェクトは、当時としては前例がない規模だった。

 だが、このプロジェクトに9年の時間と数百万ユーロのコストを費やした後になって、ミュンヘン市議会は2021年までに「Windows」に回帰するという提案を2月に可決した。

 今後は、議会が可決した提案に基づいて、市職員が利用する「Windows 10」クライアントの開発にかかる期間とコストを市当局が調査する予定だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5748文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]