オープンソース オフィスソフト

「Windows」への回帰に舵を切るミュンヘン市--「Linux」採用から10年後の転換と背景

ドイツのミュンヘン市は、10年前に職員が利用するクライアントを「Windows」から「Linux」に切り替えたが、「Windows」に回帰するという提案を2月に可決した。その背景を探る。

 ミュンヘンがオープンソフトウェアを採用する組織の先駆けとなったのは、10年前のことだ。数千人の職員が利用するクライアントを「Windows」から「Linux」に切り替えたこのプロジェクトは、当時としては前例がない規模だった。

 だが、このプロジェクトに9年の時間と数百万ユーロのコストを費やした後になって、ミュンヘン市議会は2021年までに「Windows」に回帰するという提案を2月に可決した。

 今後は、議会が可決した提案に基づいて、市職員が利用する「Windows 10」クライアントの開発にかかる期間とコストを市当局が調査する予定だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5748文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan