勤怠管理・労務管理

ストレスチェックマン:厚労省の簡易調査票に対応したストレチェックサービス

ストレスチェック管理サービスの「ストレスチェックマン」は、PCやスマートフォンから専門サイトにアクセスして利用できる。厚生労働省の簡易調査票57項目に完全対応し、出欠管理などの機能も備える。

ストレスチェックマンのポイント

  • PCやスマートフォンから専門サイトにアクセスしてストレスチェックを実施
  • 厚生労働省の簡易調査票57項目に完全対応、労働基準監督署への報告書もダウンロード可能
  • メールの一斉配信機能や出欠管理システム機能も利用できる

ストレスチェックマンの製品解説

 ティーエヌエスの「ストレスチェックマン」は、PCやスマートフォンから専門サイトにアクセスして簡単にストレスチェックを実施できるクラウドサービスだ。厚生労働省の簡易調査票57項目に完全対応している。

編集部おすすめの関連記事

 管理者はあらかじめ登録用のExcelファイルに社員情報を入力し、データを一括登録できる。利用者には実施期間を設定して社員へメールを送信し、約2カ月間の実施後に報告書をダウンロードして労働基準監督署へ報告する。受検一覧で部門別の平均値や個人分析結果を確認でき、過去のデータとの比較も可能だ。

 社員全員や部門、サークル別にメールを一斉配信する機能も提供。会議などの通知や出欠を管理できる出欠管理システム機能も用意し、回答のない社員には自動で再送できる。

ストレスチェックマンのまとめ
用途と機能PCやスマートフォンから専門サイトにアクセスして簡単にストレスチェックを実施
特徴厚生労働省の簡易調査票57項目に完全対応。労働基準監督署への報告書もダウンロードでき、メルマガ配信機能や出欠管理システム機能も月額料金内で利用できる
税別価格従業員100人以下:月額9800円、200人以下:月額1万2000円、300人以下:月額1万8000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan