情報漏えい対策 IRM 暗号化 NEC

InfoCage FileShell:負担をかけずに保護したままファイルを活用できるIRM

IRMソフトの「InfoCage FileShell」は、権限に応じて閲覧、編集でき、ファイルを保護したままアプリケーションを利用する。保護対象の場所に保存すれば、自動的にファイルは保護される。

InfoCage FileShellのポイント

  • Officeに加えてPDFやテキスト、CADなどのファイルも保護
  • アプリケーション利用時でも保護、別名保存でも状態を継続
  • 社外とは暗号化され読取専用に変換してファイルを共有

InfoCage FileShellの製品解説

 NECの「InfoCage FileShell」はファイル権限管理(IRM)ソフト。「Active Directory Rights Management Services」(AD RMS)を拡張して、Officeだけでなく、PDFやテキスト、CADなどの幅広いファイル形式に対応する。ファイルの自動保護やアクセス制御などの機能も備える。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan