情報漏えい対策 IRM 暗号化 NEC

InfoCage FileShell:負担をかけずに保護したままファイルを活用できるIRM

IRMソフトの「InfoCage FileShell」は、権限に応じて閲覧、編集でき、ファイルを保護したままアプリケーションを利用する。保護対象の場所に保存すれば、自動的にファイルは保護される。

InfoCage FileShellのポイント

  • Officeに加えてPDFやテキスト、CADなどのファイルも保護
  • アプリケーション利用時でも保護、別名保存でも状態を継続
  • 社外とは暗号化され読取専用に変換してファイルを共有

InfoCage FileShellの製品解説

 NECの「InfoCage FileShell」はファイル権限管理(IRM)ソフト。「Active Directory Rights Management Services」(AD RMS)を拡張して、Officeだけでなく、PDFやテキスト、CADなどの幅広いファイル形式に対応する。ファイルの自動保護やアクセス制御などの機能も備える。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーションの利用時でもファイルは保護される仕組みとなっており、利用後に改めて保護する必要はない。別名で保存した場合でも保護状態は継続する。指定の場所にファイルを保存するだけで自動で保護されるため、保護忘れなどのうっかりミスを防げる。

 グループや利用者ごとに、閲覧、保存、印刷などのアクセス権を制御できる。部署や職権単位など、さまざまな利用シーンにあわせてアクセス制御を設定可能だ。

 社外取引先とのやり取りでは、ファイルを暗号化された読み取り専用の形式に変換してファイルを共有できる。無償の専用ソフトでのみ閲覧でき、必要に応じて後からファイルを削除するように設定することも可能。オプション機能として提供される。

 「SecureBulwark ファイル保護サービス」「Microsoft Azure Rights Management」などのクラウドサービスと連携することで、AD RMSやInfoCage FileShellサーバを用意しなくても、InfoCage FileShellクライアントのインストールだけで利用できる。

InfoCage FileShellのまとめ
用途と機能IRMを活用した情報漏えい対策ソフト
特徴AD RMSを拡張して、Officeだけでなく、PDFやテキスト、CADなどの幅広いファイル形式に対応する。ファイルはアプリケーション利用時も保護され、エンドユーザーが改めて保護する必要はない
税別価格サーバ価格:10人あたり10万円、100人あたり80万円
導入企業品川区、ソニー損害保険、など

「情報漏えい対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]