PBX NTTコミュニケーションズ

クラウド型PBXで拠点間を内線通話--レイアウト変更でも業者不要で運用費削減

クラウド型PBXは“ワークスタイル変革”や“コスト削減”といったメリットのほかに“多拠点、新拠点”を導入のポイントに挙げる企業も少なくない。運用面でもメリットが大きい点も見逃せないポイントだ。

 前回の記事はこちら

 ここまで“ワークスタイル変革”と“コスト削減”というキーワードからクラウド型PBXの導入事例を紹介してきたが、これに加えて“多拠点、新拠点”を導入のポイントに挙げる企業も少なくない。

 「複数拠点を展開している企業では、設備更新のタイミングがバラバラで、オンプレミス型PBXの一括変更は難しいのが現実。クラウド型なら一部拠点のみを移行して、段階的に切り替えられる。また、新規拠点を立ち上げる場合では、設備を増設することなく内線環境を構築できる」(NTTコミュニケーションズ ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部 販売推進部門 第三グループ 並木紀子氏)という。

事業継続の観点からもクラウド型は有効

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約976文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan