PBX NTTコミュニケーションズ

クラウド型PBXで拠点間を内線通話--レイアウト変更でも業者不要で運用費削減

クラウド型PBXは“ワークスタイル変革”や“コスト削減”といったメリットのほかに“多拠点、新拠点”を導入のポイントに挙げる企業も少なくない。運用面でもメリットが大きい点も見逃せないポイントだ。

 前回の記事はこちら

 ここまで“ワークスタイル変革”と“コスト削減”というキーワードからクラウド型PBXの導入事例を紹介してきたが、これに加えて“多拠点、新拠点”を導入のポイントに挙げる企業も少なくない。

 「複数拠点を展開している企業では、設備更新のタイミングがバラバラで、オンプレミス型PBXの一括変更は難しいのが現実。クラウド型なら一部拠点のみを移行して、段階的に切り替えられる。また、新規拠点を立ち上げる場合では、設備を増設することなく内線環境を構築できる」(NTTコミュニケーションズ ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部 販売推進部門 第三グループ 並木紀子氏)という。

事業継続の観点からもクラウド型は有効

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約976文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan