勤怠管理・労務管理

e-naviタイムシート:派遣会社にも対応の勤怠管理サービス--3年分の記録を保管

勤怠管理サービスの「e-naviタイムシート」は、従業員の勤怠入力と上長承認をクラウドで行える。利用形態にあわせて一般企業向けと人材派遣会社向けの2つの形態を用意している。

e-naviタイムシートのポイント

  • 従業員の勤怠入力と上長承認をクラウドで行える勤怠管理サービス
  • 過去3年分のタイムシートを電子保管でき、タイムシートの保管場所が不要
  • 休暇申請や交通費入力、打刻場所の記録による不正防止などの機能を搭載

e-naviタイムシートの製品解説

 イー・クリエーションの「e-naviタイムシート」は、インターネット経由で勤怠を管理できるクラウドサービスだ。PCや携帯電話、スマートフォンから勤怠情報を入力し、上長の承認もウェブから実行できる。

編集部おすすめの関連記事

 過去3年分のタイムシートを電子保管でき、タイムシートの保管場所が不要になる。モバイル端末からの出退勤では、打刻場所の緯度と経度を記録して不正を防止する。休暇申請、交通費入力、勤怠未入力時のアラート表示、スタッフへの同報メールといった機能も備えている。

 利用形態にあわせて自社従業員用の「一般企業向け」と派遣スタッフ用の「人材派遣会社向け」を用意。一般企業向けでは、開始と終了の時刻を入力するだけで残業時間などを計算でき、勤怠データは締日での集計や1日ごとの集計も可能。給与ソフトとも連携する。複数の勤務体系やフレックスタイムに対応し、FeliCaを使ったICカード打刻機能をオプション提供する。

 人材派遣会社向けでは、スタッフの勤務状況を稼働日からすぐにリアルタイムで閲覧できる。残業の過多や欠勤、遅刻などスタッフのケアに活用でき、派遣先担当者からのオンライン承認にも対応する。入力済みの勤怠データは給与締日や派遣先ごとの請求締日で集計可能で、CSV出力や給与ソフトなどと連携できる。

e-naviタイムシートのまとめ
用途と機能インターネット経由で勤怠を管理できるクラウドサービス
特徴スタッフへのタイムシート配布、回収業務を大幅に省力化。休暇申請などの便利な機能や不正防止機能を備え、利用形態にあわせて自社従業員用と派遣スタッフ用を提供する
税別価格初期費用は無料、月額費用はスタッフ1人あたり250~280円から
導入企業アミー、アベルネット、ナビッピドットコム、サウンズグッド、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  3. 最新の次世代エンドポイントセキュリティ、3つのアプローチとは?
  4. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  5. 災害対策を急ぐよう命じられ ……急ぎ過ぎた導入が「残念な結果」を招く

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan