情報漏えい対策 IRM 暗号化 アルプス システム インテグレーション

DocumentSecurity:自動で暗号化、権限を設定できる情報漏えい対策ソフト

情報漏えい対策ソフトの「DocumentSecurity」は、ファイルの暗号化や権限管理、デバイス制御などの機能を搭載。Officeなどで作成されたファイルは自動で暗号化される。編集や印刷などの権限が設定できる。

DocumentSecurityのポイント

  • ファイルの暗号化や権限管理、デバイス制御、履歴管理の機能を搭載
  • OfficeやAcrobatで作成されたファイルは自動で暗号化
  • 閲覧回数や編集、印刷、自動破棄などのファイルへの権限を設定可能

DocumentSecurityの製品解説

 アルプスシステムインテグレーションの「DocumentSecurity」は暗号化やファイル権限管理(IRM)、デバイス制御、履歴管理の機能を備えた情報漏えい対策ソフトだ。ファイル単位で暗号化するため、ファイルが流出してしまった場合でも情報の漏えいを防げる。

編集部おすすめの関連記事

 Microsoft OfficeやAdobe Acrobatで作成されたファイルは、アプリケーション終了時やファイル保存時に自動で暗号化される。操作を誤ったり忘れたりすることなく、確実にファイルを暗号化する。また、暗号化されたファイルは拡張子が変わらないため、特別なソフトウェアやビューアも不要だ。

 IRMについては、閲覧、閲覧回数、編集、暗号化解除、持ち出し、印刷、印刷回数、有効期間、自動破棄などの権限を設定することで、重要情報の不正使用や誤使用の防止を徹底する。ファイルのアクセス権を、内容や役職などに応じて制御することも可能だ。

 サーバ価格は、クライアント数が999件までで50万円。クライアント価格は、クライアント数が99件までで1件あたり2万5000円となっている。サーバやクライアントの価格はクライアント数によって変動する。

DocumentSecurityのまとめ
用途と機能暗号化やIRM、デバイス制御、履歴管理の機能を備えた情報漏えい対策ソフト
特徴ファイル単位で暗号化するため、ファイルが流出してしまった場合でも情報の漏えいを防げる。OfficeやAcrobatで作成されたファイルは自動で暗号化。暗号化されたファイルは拡張子が変わらないため、特別なソフトウェアやビューアも不要
税別価格サーバ:999クライアントまで50万円
クライアント:99クライアントまで2万5000円
※クライアント数によって変動
導入企業アイティーシージャパン、NTC、さなる、ローランド ディー.ジー.など

「情報漏えい対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]