情報漏えい対策 IRM 暗号化 アルプス システム インテグレーション

DocumentSecurity:自動で暗号化、権限を設定できる情報漏えい対策ソフト

情報漏えい対策ソフトの「DocumentSecurity」は、ファイルの暗号化や権限管理、デバイス制御などの機能を搭載。Officeなどで作成されたファイルは自動で暗号化される。編集や印刷などの権限が設定できる。

DocumentSecurityのポイント

  • ファイルの暗号化や権限管理、デバイス制御、履歴管理の機能を搭載
  • OfficeやAcrobatで作成されたファイルは自動で暗号化
  • 閲覧回数や編集、印刷、自動破棄などのファイルへの権限を設定可能

DocumentSecurityの製品解説

 アルプスシステムインテグレーションの「DocumentSecurity」は暗号化やファイル権限管理(IRM)、デバイス制御、履歴管理の機能を備えた情報漏えい対策ソフトだ。ファイル単位で暗号化するため、ファイルが流出してしまった場合でも情報の漏えいを防げる。

編集部おすすめの関連記事

 Microsoft OfficeやAdobe Acrobatで作成されたファイルは、アプリケーション終了時やファイル保存時に自動で暗号化される。操作を誤ったり忘れたりすることなく、確実にファイルを暗号化する。また、暗号化されたファイルは拡張子が変わらないため、特別なソフトウェアやビューアも不要だ。

 IRMについては、閲覧、閲覧回数、編集、暗号化解除、持ち出し、印刷、印刷回数、有効期間、自動破棄などの権限を設定することで、重要情報の不正使用や誤使用の防止を徹底する。ファイルのアクセス権を、内容や役職などに応じて制御することも可能だ。

 サーバ価格は、クライアント数が999件までで50万円。クライアント価格は、クライアント数が99件までで1件あたり2万5000円となっている。サーバやクライアントの価格はクライアント数によって変動する。

DocumentSecurityのまとめ
用途と機能暗号化やIRM、デバイス制御、履歴管理の機能を備えた情報漏えい対策ソフト
特徴ファイル単位で暗号化するため、ファイルが流出してしまった場合でも情報の漏えいを防げる。OfficeやAcrobatで作成されたファイルは自動で暗号化。暗号化されたファイルは拡張子が変わらないため、特別なソフトウェアやビューアも不要
税別価格サーバ:999クライアントまで50万円
クライアント:99クライアントまで2万5000円
※クライアント数によって変動
導入企業アイティーシージャパン、NTC、さなる、ローランド ディー.ジー.など

「情報漏えい対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]