ウェブ会議 パナソニック ソリューションテクノロジー

リアルタイムコラボレーション:無制限にID登録できるクラウド型ウェブ会議

ウェブ会議サービスの「リアルタイムコラボレーション」は、ウェブカメラとマイクをつなぐだけで使い始められる。利用シーンにあわせて参加者の端末ごとに画面レイアウトを変更でき、ログインIDの登録数は無制限。

リアルタイムコラボレーションのポイント

  • 参加者の端末ごとに画面レイアウトを変更
  • 全員または指定の相手に対するテキストチャット機能はファイル共有も可能
  • IDの登録数は無制限。社員全員に付与することで使い回しを防ぐ

リアルタイムコラボレーションの製品解説

 パナソニック ソリューションテクノロジーの「リアルタイムコラボレーション」は、社内会議、在宅勤務、サポート業務などの用途で利用できるクラウド型ウェブ会議システムだ。インターネット接続環境とウェブブラウザがあればウェブカメラとマイクをつなぐだけで使い始められる。

編集部おすすめの関連記事

 利用シーンにあわせて参加者の端末ごとに画面レイアウトを変更できる。発信元のデスクトップやアプリケーションの画面を参加者全員で共有可能なほか、操作権を委譲すれば受信側からも画面を操作できる。全員または指定の相手に対するテキストチャット機能はファイル共有も可能。

 ログインIDの登録数は無制限。社員全員にIDを付与することでIDの使い回しを防ぐ。利用管理ログを保存することで安全な運用環境を提供する。

 利用シーンは、多拠点での社内会議や社外での打ち合わせ、外出先からの会議参加、役員会議、社員研修や商品勉強会などのウェブセミナー、オンラインレッスン、コンタクトセンター、保守作業や障害対応での現場サポート、外部との打ち合わせで社内の専門家からのリアルタイムな営業支援などを想定している。

リアルタイムコラボレーションのまとめ
用途と機能社内会議、在宅勤務、サポート業務などの用途で利用できるクラウド型ウェブ会議システム
特徴インターネット接続環境とウェブブラウザがあればウェブカメラとマイクをつなぐだけで使い始められる。画面共有機能やテキストチャット機能などを搭載している
導入企業住友生命保険、魚国総本社、トーキンシステム、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan