ETL 日本アイ・ビー・エム

IBM InfoSphere DataStage:並列処理でデータを高速処理するETLツール

ETLツールの「IBM InfoSphere DataStage」は、並列処理技術でデータを高速処理する。データ統合に関する処理をGUIで開発可能。“ステージ”と呼ばれる処理アイコンを配置してジョブを設計する。

IBM InfoSphere DataStageのポイント

  • 並列処理技術を使って膨大な量のデータを高速処理
  • データ統合に関する処理をGUIツールで開発できる
  • 並列処理や分割処理をパラメータの設定のみで実装可能

IBM InfoSphere DataStageの製品解説

 日本IBMの「IBM InfoSphere DataStage」は、並列処理技術を使って膨大な量のデータを高速処理するデータ連携(ETL)ツールだ。データウェアハウスやデータマートの構築、データ移行、システム間連携などにおけるデータの転送や変換を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 データ統合に関する処理をGUIツールで開発できる。“ステージ”と呼ばれる処理アイコンを配置してジョブを設計する。開発生産性と保守性を向上させられる。並列処理や分割処理をパラメータの設定のみで実装可能。ジョブを改修せずにスケールアップやスケールアウトに対応できる。

 テキストファイル、統合基幹業務システム(ERP)、データベース、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール、ウェブサービスなどの多種多様なデータを統合可能。Hadoopベースのデータ分析ツール「IBM InfoSphere BigInsights」、分散ファイルシステム「Hadoop Distributed File System(HDFS)」にも対応する。

IBM InfoSphere DataStageのまとめ
用途と機能並列処理技術を使って膨大な量のデータを高速処理するETLツール
特徴データ統合に関する処理をGUIツールで開発できる。並列処理や分割処理をパラメータの設定のみで実装可能。ジョブを改修せずにスケールアップやスケールアウトに対応できる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan