ストレージ EMCジャパン NEC 日本アイ・ビー・エム デル 日本ヒューレット・パッカード 日立製作所

高速処理が可能なフラッシュストレージ5選--消費電力、耐久性も導入のカギに

フラッシュストレージは、記憶媒体として従来のHDDの代わりにSSDを利用。高速な処理性能に加えて、消費電力が低く、故障に強いといった特徴がある。近年は“オールフラッシュストレージ”をうたう製品が増えている。

 フラッシュストレージは、記憶媒体として従来のHDD(ハードディスクドライブ)の代わりにSSD(ソリッドステートドライブ)を利用したストレージシステムだ。

 HDDは磁気ディスクをモーターで回転させ、そのディスク上にあるデータをアームが移動して読み込む。一方、SSDは物理的にアームなどを動かしてデータを読み込む必要がないため、HDDに比べてランダムな読み込みが高速にできる。またモーターやアームといった駆動部品がないため、低消費電力や振動がなく故障に強いといった特徴がある。

 SSDを使ったストレージが登場した当初は、頻繁にアクセスするデータをSSDに、あまりアクセスしない長期に保存するデータをHDDに置く、といったタイプの製品が多かった。近年では、SSDの価格が落ちたことに伴い、全ての記憶媒体をフラッシュにした“オールフラッシュストレージ”が相次ぎ登場している。

1.IBM Storwize

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1764文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]