フラッシュストレージ EMCジャパン NEC 日本アイ・ビー・エム デル 日本ヒューレット・パッカード 日立製作所

高速処理が可能なフラッシュストレージ5選--消費電力、耐久性も導入のカギに

フラッシュストレージは、記憶媒体として従来のHDDの代わりにSSDを利用。高速な処理性能に加えて、消費電力が低く、故障に強いといった特徴がある。近年は“オールフラッシュストレージ”をうたう製品が増えている。

 フラッシュストレージは、記憶媒体として従来のHDD(ハードディスクドライブ)の代わりにSSD(ソリッドステートドライブ)を利用したストレージシステムだ。

 HDDは磁気ディスクをモーターで回転させ、そのディスク上にあるデータをアームが移動して読み込む。一方、SSDは物理的にアームなどを動かしてデータを読み込む必要がないため、HDDに比べてランダムな読み込みが高速にできる。またモーターやアームといった駆動部品がないため、低消費電力や振動がなく故障に強いといった特徴がある。

 SSDを使ったストレージが登場した当初は、頻繁にアクセスするデータをSSDに、あまりアクセスしない長期に保存するデータをHDDに置く、といったタイプの製品が多かった。近年では、SSDの価格が落ちたことに伴い、全ての記憶媒体をフラッシュにした“オールフラッシュストレージ”が相次ぎ登場している。

1.IBM Storwize

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1764文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. オンプレミスと同じ発想ではダメ!可用性向上にはクラウドならではのアプローチが必要な理由とは?
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]