AI・機械学習 Microsoft

人間の仕事を奪うロボットに税金をかけるべき理由とは--ビル・ゲイツ氏が語る

AIやロボット工学が多くの産業を混乱させ、労働者に取って代わろうとしている。こうしたロボットに税金をかけるべきだと、ビル・ゲイツ氏やヨーロッパの議員は考えている。

 ロボット革命がやって来ることは誰もが理解しており、一部の仕事がその犠牲となることも間違いない。ただ、ロボットが仕事を代わりにやるとなると、ひとつの疑問が沸く。人間が支払っていた所得税はどうなるのかということだ。その答えは簡単だと、Microsoft創業者のBill Gates氏は考えている。ロボットに税金をかければいいというのだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約814文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan