AI・機械学習 Microsoft

人間の仕事を奪うロボットに税金をかけるべき理由とは--ビル・ゲイツ氏が語る

AIやロボット工学が多くの産業を混乱させ、労働者に取って代わろうとしている。こうしたロボットに税金をかけるべきだと、ビル・ゲイツ氏やヨーロッパの議員は考えている。

 ロボット革命がやって来ることは誰もが理解しており、一部の仕事がその犠牲となることも間違いない。ただ、ロボットが仕事を代わりにやるとなると、ひとつの疑問が沸く。人間が支払っていた所得税はどうなるのかということだ。その答えは簡単だと、Microsoft創業者のBill Gates氏は考えている。ロボットに税金をかければいいというのだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約814文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]