BI セールスフォース・ドットコム

Wave Analytics:IT部門に頼らず使えるセルフサービス型BIサービス--AIも搭載

セルフサービス型BIサービスの「Salesforce Wave Analytics」は、Salesforceに蓄積されたデータをビジネスユーザー自ら分析できる。モバイルでも活用でき、AI「Einstein」も組み込まれている。

Salesforce Wave Analyticsのポイント

  • IT部門に頼らずにビジネスユーザー自身で分析できるBIツール
  • レポートやダッシュボードで状況を把握、測定や検索なども容易に
  • モバイルファーストに対応し、AI「Einstein」も組み込み

Salesforce Wave Analyticsの製品解説

 セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Wave Analytics」は、多角的な分析や高速な検索で迅速な情報活用と意思決定を可能にするビジネスインテリジェンス(BI)ツールだ。アナリストやIT部門に依頼していた情報分析をビジネスユーザー自身で行うことができる。

編集部おすすめの関連記事

 レポートやダッシュボードでビジネスの状況を素早く把握でき、詳細にデータを探索することも可能。測定、グループ化、条件検索、参照、共有という5つの操作で分析作業を容易に進められる。

 スマートフォンやタブレットといったモバイル機器にも対応し、場所や時間を問わずに利用できる。“モバイルファースト”の分析用アプリケーションを自由に作成できる。レスポンシブデザインに対応した分析基盤を利用して情報を素早く視覚化する。

 人工知能(AI)「Salesforce Einstein」も組み込まれている。分析に活用することで、データに存在する隠れたパターンを特定して将来を予測できるという。最も生産性の高いアクションの提示や、次に直面するであろう問題の自動発見、優先順位付けといった作業を支援する。

 「Sales Cloud」「Service Cloud」に特化したWave Analyticsは、Salesforceにあるデータを取り込み、編集できる。税別価格は1ユーザーあたり月額9000円(年間契約が前提)。「Wave Analytics Platform」はSalesforce以外のデータも取り込める。

Salesforce Wave Analyticsのまとめ
用途と機能多角的な分析や高速な検索で迅速な情報活用と意思決定を可能にするBIツール
特徴アナリストやIT部門に依頼していた情報分析をビジネスユーザー自身で行うことができる。スマートフォンやタブレットといったモバイル機器にも対応し、場所や時間を問わずに利用可能。Salesforce Einsteinも組み込まれている
税別価格Sales Wave Analytics:1人あたり月額9000円
Service Wave Analytics:1人あたり月額9000円
Wave Analytics Platform:要問い合わせ

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]