BI セールスフォース・ドットコム

Wave Analytics:IT部門に頼らず使えるセルフサービス型BIサービス--AIも搭載

セルフサービス型BIサービスの「Salesforce Wave Analytics」は、Salesforceに蓄積されたデータをビジネスユーザー自ら分析できる。モバイルでも活用でき、AI「Einstein」も組み込まれている。

Salesforce Wave Analyticsのポイント

  • IT部門に頼らずにビジネスユーザー自身で分析できるBIツール
  • レポートやダッシュボードで状況を把握、測定や検索なども容易に
  • モバイルファーストに対応し、AI「Einstein」も組み込み

Salesforce Wave Analyticsの製品解説

 セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Wave Analytics」は、多角的な分析や高速な検索で迅速な情報活用と意思決定を可能にするビジネスインテリジェンス(BI)ツールだ。アナリストやIT部門に依頼していた情報分析をビジネスユーザー自身で行うことができる。

編集部おすすめの関連記事

 レポートやダッシュボードでビジネスの状況を素早く把握でき、詳細にデータを探索することも可能。測定、グループ化、条件検索、参照、共有という5つの操作で分析作業を容易に進められる。

 スマートフォンやタブレットといったモバイル機器にも対応し、場所や時間を問わずに利用できる。“モバイルファースト”の分析用アプリケーションを自由に作成できる。レスポンシブデザインに対応した分析基盤を利用して情報を素早く視覚化する。

 人工知能(AI)「Salesforce Einstein」も組み込まれている。分析に活用することで、データに存在する隠れたパターンを特定して将来を予測できるという。最も生産性の高いアクションの提示や、次に直面するであろう問題の自動発見、優先順位付けといった作業を支援する。

 「Sales Cloud」「Service Cloud」に特化したWave Analyticsは、Salesforceにあるデータを取り込み、編集できる。税別価格は1ユーザーあたり月額9000円(年間契約が前提)。「Wave Analytics Platform」はSalesforce以外のデータも取り込める。

Salesforce Wave Analyticsのまとめ
用途と機能多角的な分析や高速な検索で迅速な情報活用と意思決定を可能にするBIツール
特徴アナリストやIT部門に依頼していた情報分析をビジネスユーザー自身で行うことができる。スマートフォンやタブレットといったモバイル機器にも対応し、場所や時間を問わずに利用可能。Salesforce Einsteinも組み込まれている
税別価格Sales Wave Analytics:1人あたり月額9000円
Service Wave Analytics:1人あたり月額9000円
Wave Analytics Platform:要問い合わせ

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan