AI・機械学習

「Amazon Lex」入門--「Alexa」の音声認識・自然言語処理技術をボット開発で利用可能に

「Amazon Lex」は、「Amazon Alexa」に使われている音声認識と自然言語処理の技術を一般向けに提供するサービスだ。Amazon Lexを他のクラウドサービスと組み合わせることで、カスタマーサポートなど幅広い用途に対応するボットを作成することができる。

 パーソナルアシスタントチャットボットの進化に伴い、組織が独自のアシスタントを構築するために必要なツールもクラウドに移り、こうした技術を開発者が自社製品に利用できるようになっている。なかでも特に重要なツールが「Amazon Lex」だ。Lexはバーチャルアシスタント「Amazon Alexa」に採用されている音声認識と自然言語処理の技術であり、そのAlexaは「Amazon Echo」スピーカーや「Fire TV」デジタルメディアプレーヤーに使われている。

 米TechRepublicのAmazon Lex入門では、この言語処理技術の概要を解説する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3036文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan