ウェブ会議 ジャパンメディアシステム

LiveOn:音声の遅延と途切れを極力回避するウェブ会議システム

ウェブ会議システムの「LiveOn」は、音声の遅延や途切れを極力回避する独自技術を搭載し、通信環境のよくない海外拠点や通信負荷が掛かる多拠点での接続時でも利用できる。

LiveOnのポイント

  • インターネット経由で利用するウェブ会議システム
  • 音声の遅延や途切れを極力回避する独自技術を搭載
  • 通信環境のよくない海外拠点や通信負荷が掛かる多拠点でも利用できる

LiveOnの製品解説

 ジャパンメディアシステムの「LiveOn」は、インターネット経由で利用するウェブ会議システムだ。音声の遅延や途切れを極力回避する独自技術を搭載し、通信環境のよくない海外拠点や通信負荷が掛かる多拠点での接続時でも利用できる。スマートフォンとタブレットにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 音質は8kHz、11kHz、16kHz、22kHz、32kHzの5パターンから選択可能。映像はフレーム数が最大30fps、解像度が標準で80×60~640×480、オプションで720×480~1280×720に対応する。

 Word、Excel、PowerPoint、PDFなどの資料共有やフリーハンドで書き込めるホワイトボード、録音録画、メディア再生、招待メール、コールなどの機能を搭載。会議のほか、研修、セミナー、イベント配信、事業継続計画(BCP)対策などにも活用できる。AESによる暗号化と独自プロトコルでセキュリティを高めている。

 インターネット経由でアクセスするクラウド型ASP版と、オンプレミス型のイントラパック版を提供する。

LiveOnのまとめ
用途と機能インターネット経由で利用するウェブ会議システム
特徴音声の遅延や途切れを極力回避する独自技術を搭載し、通信環境のよくない海外拠点や通信負荷が掛かる多拠点での接続時でも利用できる。スマートフォンとタブレットにも対応
税別価格ASP版:1ライセンスあたりの初期費用が7万8000円、月額費用が3000円
イントラパック版:サーバソフトが100万円、1ライセンスあたりのクライアントソフトライセンスが7万8000円

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]