マーケティング セールスフォース・ドットコム

Marketing Cloud:顧客の好みや行動から関心の高いメッセージを配信するクラウド型CRM

クラウド型CRMシステムの「Salesforce Marketing Cloud」は、顧客の属性や行動をデータで管理、顧客ごとに異なるコミュニケーションを取れるようになる。顧客の好みや行動パターンを予測し、個人の特性にあわせたメッセージを配信できる。

Salesforce Marketing Cloudのポイント

  • 顧客の好みや行動パターンを予測し、個人の特性にあわせたメッセージを配信
  • ウェブとモバイルでの行動パターンからキャンペーンやコンテンツを立案
  • モバイル端末には、位置情報を生かして特定の場所を訪れるとメッセージを表示

Salesforce Marketing Cloudの製品解説

 セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Marketing Cloud」は、顧客の属性や行動をデータ管理し、1対1のコミュニケーションを支援するクラウド型顧客管理(CRM)システムだ。さまざまな情報源から収集したデータを統合し、顧客情報を一元管理する。顧客の好みや行動パターンを予測し、個人の特性にあわせたメッセージを配信する。

編集部おすすめの関連記事

 「Journey Builder」「Audience Builder」「Personalization Builder」といった支援ツールを使って、カスタマージャーニーの見える化や、顧客の属性や行動に基づいたターゲットの絞り込みが可能だ。顧客の好みにあわせた時間や場所、方法で関心を捉えるコンテンツを届けられる。

 ウェブ分析ツールは、サイト訪問者の行動やアクションをカスタマージャーニー全体にわたって追跡できる。訪問者の位置情報、サイト内検索、ページの人気度、メールのコンバージョンなどに対応する。ウェブとモバイルでの行動パターンを検出、比較して、キャンペーンやコンテンツの施策に役立てられる。

 メール、モバイル、ウェブなどを通じて、顧客にメッセージを配信できる。メールでは履歴情報をもとにしたターゲットの絞り込みが可能。モバイル端末には、位置情報を生かして特定の場所を訪れるとメッセージを表示できる。チケットやクーポン、アンケートなど、さまざまなメッセージを作成可能だ。ソーシャルメディアや広告などを利用する機能も備えている。

Salesforce Marketing Cloudのまとめ
用途と機能顧客の属性や行動をデータ管理し、1対1のコミュニケーションを支援するクラウド型CRMシステム
特徴さまざまな情報源から収集したデータを統合し、顧客情報を一元管理する。顧客の好みや行動パターンを予測し、個人の特性にあわせたメッセージを配信する。メール、モバイル、ウェブ、ソーシャル、広告など、幅広いチャネルに対応する
導入企業Stanley Black & Decker、GE、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan