NAS EMCジャパン NEC ネットアップ 日本ヒューレット・パッカード 日立製作所

ネットワークに接続してファイルの共有や管理を容易にするNAS 5選

オンプレミスのネットワークに接続するストレージであるNASは、ファイルシステムを利用してファイル管理を行うため、データの保存はファイル単位になる。想定している規模によって機能が大きく異なる。

 NASは「Network Attached Storage」の略で、ネットワークに接続して使用するストレージだ。ファイルシステムを利用してファイル管理を行うため、データの保存はファイル単位になる。

 想定している規模によって機能が大きく異なる。大規模な環境での使用を想定した製品は、設定変更などをしなくてもハードウェアを追加して容量を増やすことができる機能を備えたものが多い。NASだけでなく、SAN(Storage Area Network)としても利用できる“ユニファイドストレージ”と呼ばれるタイプの製品もある。

 一方で小規模な環境での使用を想定している場合、機能を絞ることで価格を抑えているケースが多い。大規模環境向けと異なり、価格が明記されている製品が多いため、容量あたりの価格が計算しやすい。

1.EMC Isilon

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1996文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan