IoT ミック経済研究所

IoT市場は6年で640億から2兆4000億へ成長--ミック経済研究所予測

ミック経済研究所は、2月20日、IoTソリューション 市場動向を発表した。 IoT市場は6年で640億から2兆4000億へ成長すると予測している。

 ミック経済研究所は、2月20日、「IoTソリューション 市場動向 2016年度版」を発刊したと発表した。これによると、2016年度のIoTソリューション市場の規模は、640億円と見込まれる。同市場はまだ小さく揺籃期にあるが、2017年度から成長期に入り、年率53.7%増で拡大し、2022年度は2兆4000億円市場になると予測されている。

 この調査はIoTソリューションベンダー53社への直接ヒアリングから各社の数値をベースに積み上げ、2015年度から2017年度の市場規模と、2022年度までの中期予測を行っている。同研究所では、同市場を「機器・製品販売」「ソリューション」「サービス」の3つの事業分野に分けて調査している。

 「基盤プラットフォーム利用サービス」「コンサル・システム設計・構築」「業務アプリ」を含む「ソリューション」の事業分野では、2015年度、143.5億円(構成比54.5%)となった。2016年度は、390億円(構成比60.9%、対前年比271.3%)と拡大伸長が見込まれるという。

IoTソリューション市場 事業区分別動向 (単位:百万円)
IoTソリューション市場 事業区分別動向 (単位:百万円)

 「ソリューション」のうち、2016年度は「基盤プラットフォーム利用サービス」が255億円(構成比39.8%、対前年比281.8%)と見込まれる。これは、IoTプラットフォームでのPoC案件等を実需として取り込んでいった成果だという。その流れが「コンサルティング・システム設計・構築」に影響し、同分野の2016年度の規模は、120億円(構成比18.8%、対前年比250.0%)になる見込み。

IoTソリューション市場 中期予測
IoTソリューション市場 中期予測

 また、「ソリューション」以外では、センサデバイス、通信ケートウェイなどを含む「機器・製品販売」が2015年度60億円で2016年見込みでは、対前年比240.0%増の14億4000万円。モバイル・MVNOサービスなどの通信サービスやアナリティクスなどのクラウドサービスを含む「サービス」は、2015年度は60億円だったが、2016年見込みでは、 対前年比176.7%増の106億円となる見込み。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan