ファイル共有

Box:社内外とのファイル共有やコラボレーションを可能にするファイル共有サービス

ファイル共有サービスの「Box」は、社内外とのファイルやフォルダの共有、編集、管理を可能にする。チームでのファイル共有や共同編集に利用できるほか、アクセス権限の設定やファイル暗号化、バックアップ機能なども備える。

Boxのポイント

  • 社内外とのファイルやフォルダの共有、編集、管理を可能にする
  • チームでのファイル共有や共同編集に利用できる
  • アクセス権限の設定やファイル暗号化、バックアップ機能なども備える

Boxの製品解説

 ボックスジャパンの「Box」は、社内外とのファイルやフォルダの共有、編集、管理を可能にするファイル共有サービスだ。チームでのファイル共有や共同編集に利用できるほか、アクセス権限の設定やファイル暗号化、バックアップ機能なども備える。

編集部おすすめの関連記事

 共有リンクを利用して社外とのファイル共有が可能になる。アクセスレベルを設定したり、有効期限を設定したり、パスワードで制限したりすることで、参照できる人を制限できる。設定したメタデータ属性に従って、ドキュメント、画像、ビデオなどを論理的にグループ分けすることも可能だ。

 編集ツール「Box Notes」を使って複数のメンバーと共同作業ができる。数多くのアプリケーションと連携可能で、Office 365、DocuSign、Salesforceなどに対応する。Word、Excel、PDF、AI、EPS、PSDなど、120種類以上のファイル形式のプレビュー表示ができる。

 不正利用者のアクセスやダウンロードなどが発生した場合に備えて、インスタント通知を設定してコンテンツを守れる。データは暗号化され、バックアップシステムを備えた複数のデータセンターを使用するなど、安全な運用が可能になっている。

Boxのまとめ
用途と機能社内外とのファイルやフォルダの共有、編集、管理を可能にするファイル共有サービス
特徴チームでのファイル共有や共同編集に利用できるほか、アクセス権限の設定やファイル暗号化、バックアップ機能なども備える。Word、Excel、PDF、AI、EPS、PSDなど、120種類以上のファイル形式のプレビュー表示ができる
税別価格Starterプラン:1人あたり月額550円、Businssプラン:1人あたり月額1800円、など
導入企業サンリオエンターテイメント、ディー・エヌ・エー、日揮、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]