デスクトップ仮想化 アプリケーション仮想化 シトリックス・システムズ・ジャパン

Citrix Cloud:XenApp、XenDesktopなどを集中管理するクラウド型サービス基盤

クラウド型サービス基盤の「Citrix Cloud」は、クライアント仮想化やモバイル管理などを集中管理する。仮想化環境の構築を不要とし、管理領域と展開領域を分離することで、導入の迅速性と展開の柔軟性、管理の簡便性を実現する。

Citrix Cloudのポイント

  • クライアント仮想化やモバイル管理を一元化するクラウド型サービス基盤
  • 管理領域と展開領域を分離、迅速な導入、柔軟な展開が可能に
  • ハイブリッド/マルチクラウドに対応、管理ツール群で運用を自動化/効率化

Citrix Cloudの製品解説

 シトリックス・システムズ・ジャパンの「Citrix Cloud(旧Workspace Cloud)」は、アプリケーション仮想化「XenApp」、デスクトップ仮想化「XenDesktop」、モバイル管理「XenMobile」、ファイル共有「ShrareFile」などを集中管理するクラウド型のサービス基盤だ。

編集部おすすめの関連記事

 クライアント仮想化環境を自前で構築するには、新たなハードウェアの調達や設定、管理などが必要になる。こうした環境構築を不要にし、基盤部分の「管理プレーン」と配信部分の「展開ロケーション」を分離することで、導入の迅速性と展開の柔軟性、管理の簡便性を実現している。

 仮想マシンを展開するインフラ環境は、プライベート、パブリック、ハイブリッドのマルチクラウドを選択可能。オンプレミスにも対応する。パブリッククラウドにある仮想クライアントやオンプレミスのデータセンターにある仮想クライアントをCitrix Cloudで管理することで手間やコストを削減できる。

 複数拠点にある展開ロケーションと管理プレーンを「Cloud Connector」で接続し、仮想マシンの展開と管理を一元化する。災害復旧(DR)や事業継続計画(BCP)の対策に利用できるほか、リソースの移行もスムーズに行える。

 導入と管理を支援するツール群「Smart Tools」を提供。「Smart Build」「Smart Migrate」「Smart Check」「Smart Scale」の4つのコンポーネントで構成され、導入から設計、展開、管理に至るライフサイクル全体の自動化と効率化を可能にする。

 提供されるサービスパッケージは、「Secure Browser Service」「XenDesktop Service」「XenApp&XenDesktop Service」の3つを用意。ブラウザ、デスクトップ、アプリケーションの仮想化パッケージをSaaSとして年間サブスクリプションで利用できる。XenAppやXenDesktopで配信する基本的なサービスの価格が1人あたり月額15ドル、最小購入数は100人となっている。

Citrix Cloudのまとめ
用途と機能XenApp、XenDesktop、XenMobile、ShrareFileなどを集中管理するクラウド型サービス基盤
特徴仮想化環境の構築を不要とし、管理プレーンと展開ロケーションを分離することで、導入の迅速性と展開の柔軟性、管理の簡便性を実現。ハイブリッドクラウド、マルチクラウドに対応。管理ツール群でライフサイクル全体の自動化と効率化を可能にする

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan