オフィスソフト 文書・コンテンツ

定番オフィススイートの最新版「LibreOffice 5.3」--主な変更点を確認

オープンソースの代表的なオフィススイートである「LibreOffice」の最新版、「LibreOffice 5.3」がリリースされた。本記事では、この新バージョンの主な変更点について解説する。

 仕事でオフィススイートを使う必要のある人なら、おそらく「LibreOffice」という名前を聞いたことがあるはずだ。当然のことだろう。LibreOfficeはオープンソースの代表的なオフィススイートであり、「Microsoft Office」の手軽な代替品として素晴らしい仕事をしてくれるからだ。LibreOfficeはユーザーが日常的に使用する、以下の生産性機能をすべて備える。

  • ワープロ
  • 表計算
  • プレゼンテーション
  • データベース
  • 描画
  • 数式

 先頃、LibreOfficeの新しいアップデートがリリースされた。このアップデートでは、同ソフトウェアを洗練するという、強く望まれていたことが実現した。最大の変更点は、UIの新たなスタイルだ。この変更は、古くさいインターフェースを一新するために、長く望まれていたことだった。

 それでは、LibreOfficeの最新版に施された改善点の中から、重要なものをいくつか見ていこう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3593文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan