グループウェア セールスフォース・ドットコム

Community Cloud:顧客やパートナーなどをつなげるコミュニティー構築サービス

コミュニティー構築サービスの「Salesforce Community Cloud」は、顧客向けとパートナー向けなどに対応。さまざまなシステムからの情報を集約し、ビジネスプロセスを統合できる。コミュニティー内部で商談やキャンペーンなどの作業を進められる。

Salesforce Community Cloudのポイント

  • 一般公開型や限定公開型で構築でき、関連するデータやビジネスプロセスを共有可能
  • 自社ブランドのイメージにあわせて自由にデザインできる
  • 多種多様な情報を集約してビジネスプロセスを統合

Salesforce Community Cloudの製品解説

 セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Community Cloud」は従業員や顧客、パートナー、サプライヤー、販売代理店などとのコミュニティー環境を構築するクラウドサービスだ。自社仕様にカスタマイズしたコミュニティーを一般公開型、または限定公開型で構築でき、関連するコンテンツやデータ、ビジネスプロセスを共有可能にする。

編集部おすすめの関連記事

 自社のブランドイメージやウェブサイトの外観、操作性にあわせてデザインできる。コンテンツとナビゲーションの構造もカスタマイズ可能なので、ブランディング戦略に役立てられる。モバイルにも対応する。

 コミュニティー内では、さまざまなシステムからの情報を集約し、ビジネスプロセスを統合できる。メンバーはコミュニティー内でサポートケースや商談、キャンペーンを作成し、協力しながら作業を進められる。営業案件、サポートケース、取引先責任者、キャンペーンなどと連携可能。カスタムアプリやサードパーティー製アプリも組み込めるので、資金配分の承認やステータス更新など、多種多様なアクションを実行できる。

 顧客向けコミュニティーとパートナーコミュニティーの2種類がある。顧客向けでは、コラボレーションとモバイルアクセスの機能を備え、複数の大規模グループにも一貫したブランディングを展開可能。顧客が質問や回答を寄せ合って問題を解決するサービスコミュニティーなどを構築できる。

 パートナー向けでは、ビジネスプロセスを緊密に統合する。ロールベースのセキュリティ機能を備え、複数メンバーで共有されるデータを分類できるため、一部の情報を非公開にしながら商談に取り組むことも可能だ。

 テンプレートを使ってコミュニティーの構築やカスタマイズも可能だ。同社のID管理「Salesforce Identity」を利用して、複数のコミュニティーを管理することもできる。

Salesforce Community Cloudのまとめ
用途と機能顧客、パートナー、社員とのコラボレーションを可能するコミュニティー構築サービス
特徴自社ブランドのイメージにあわせてコミュニティーを構築可能。顧客向けとパートナー向けの2種類を用意。多種多様な情報を集約することでビジネスプロセスを統合する
税別価格Employee Apps&Community:月額3000円、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan