モバイル セキュリティ グーグル Google

グーグルがアプリに求めるユーザーデータ規約の遵守--違反は「Google Play」から削除も

Googleは、機密なユーザーデータを収集しているにも関わらずプライバシーポリシーを提示していないアプリの開発者に対し、3月15日にアプリをGoogle Playから排除する予定だと通達した。

 Googleがアプリのプライバシーに真剣に取り組もうとしている。The Next Webが伝えたところによると、同社は2月上旬、世界中の開発者に対し、提供しているアプリがGoogleのプライバシーに関するユーザーデータポリシーに違反している場合、「Google Play」から排除するとメールで通達したという。

 メールには、「Google Playでは、アプリが機密なユーザー情報やデバイス情報を求めたり扱ったりする場合、有効なプライバシーポリシーを提供するよう開発者に求めている。あなたのアプリは(カメラ、マイク、アカウント、連絡先、電話など)慎重に扱うべき情報への許可やユーザーデータを求めているが、有効なプライバシーポリシーを明記していない」と書かれていたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1502文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. クラウドサービスの氾濫に備えよ! シャドーITを可視化しリアルタイム制御できる次世代CASBが上陸
  4. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】
  5. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]