コミュニケーション

Dialpad:通話中で切り替えられるユニファイドコミュニケーションサービス

ユニファイドコミュニケーションサービスの「Dialpad」は、GoogleやMicrosoftなどのアカウントでログインするだけで、音声や映像、テキストなどを共通のインターフェースを通じてPCやモバイルから利用できる。

Dialpadのポイント

  • 音声や映像、テキストにも対応するユニファイドコミュニケーションサービス
  • Googleアカウントなどでログインするだけでモバイルからも利用可能
  • 「G Suite」などのグループウェアとの連携も可能

Dialpadの製品解説

 Dialpad Japanの「Dialpad」は、クラウドベースのユニファイドコミュニケーションサービス。GoogleやMicrosoftなどのアカウントでログインするだけで、音声通話やビデオ通話、メッセージなどの多様なコミュニケーションを共通のインターフェースを通じて各種端末から利用可能になる。

編集部おすすめの関連記事

 Android、iOSのアプリが用意されているほか、WindowsとMacでも利用できる。GoogleやMicrosoftなどのアカウントでログインしておけば、アカウントごとに付与される1つの電話番号を使って、どの端末からでも通話ができる。通話中でも端末の切り替えが可能なので、PCで受けた通話を切らずにスマートフォンへ切り替えることも可能だ。顧客からの電話を複数のデバイスで同時に着信したり、チーム全員で着信したりできる。受けた電話を他の社員や部署に転送することも可能だ。

 チャットもマルチデバイスに対応する。全てのメッセージはPCやタブレット、スマートフォンなど5台までのデバイスで同時に受信でき、やり取りを途切らせずにデバイスの切り替えが可能だ。単一の画面で複数のチャットを一覧し、切り替えて使うこともできる。

 「G Suite」などのグループウェアとの連携も可能で、メールのやり取りやスケジュール、ドキュメントなどの情報を参照し、相手と共有しながら効率的なコミュニケーションを図ることができる。連絡先も統合できるので、音声通話のほか、ボイスメールやメッセージも一元的にやり取りすることができる。さらに、会社や部署などの代表電話番号を設定すれば、その番号でのコミュニケーション履歴がメンバー全員から参照可能となるため、対応の引き継ぎもスムーズに行える。

 050番号を付与する「Dialpad for 050」と固定電話番号を利用する「Dialpad」の2種類を用意している。

Dialpadのまとめ
用途と機能クラウドベースのユニファイドコミュニケーションサービス
特徴PCやスマートフォン、タブレットなどさまざまな端末で音声通話やビデオ通話、チャットなどを利用でき、グループウェアとの連携も可能
税別価格Diapad for 050:1人あたり月額800円。別途、ソフトバンクの「IP-OneIPフォンBプラン『Dialpad』」の契約が必要
Dialpad:1人あたり月額1300円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan