運用管理 資産管理 情報漏えい対策 インターコム(台東区)

MaLion:情報漏えい対策とIT資産管理のクライアントPC運用管理ソフト

クライアントPC運用管理ソフトの「MaLion」は、情報漏えい対策とIT資産管理の機能を搭載。社内PCなどの端末情報を収集、制御することで情報漏えいを防ぐ。各種台帳を連携させてIT資産のライフサイクルも管理する。

MaLionのポイント

  • 情報漏えい対策とIT資産管理の機能を搭載するクライアントPC運用管理ツール
  • 端末情報を収集、制御して情報漏えいを防止
  • 操作ログの収集、操作制限、IT資産情報収集、ライセンス管理などが可能

MaLionの製品解説

 インターコムの「MaLion」は、情報漏えい対策とIT資産管理を兼ね備えたクライアントPC運用管理ツール。社内PCに加えて、USB接続の外部デバイスなどの端末情報を収集、制御することで情報漏えいを防ぐ。ウェブアクセスなどの各種操作ログの収集、操作制限、IT資産情報収集、ライセンス管理などが可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 WindowsとMacの一元管理に対応している。Macに対しても印刷やメール、添付ファイルなどに操作制限を掛けられる。

 監視については、ファイルやウェブへのアクセス、OSへのログイン、ウェブやFTPでのアップロード、メールの送受信など、数多くの行動に対応する。セキュリティポリシーは、対象全体のほか、ユーザー、PC、グループなどの単位でも設定可能だ。

 資産管理に関しては、ハードウェア台帳やUSBデバイス台帳、導入ソフトウェア台帳、保有ライセンス台帳など、各種台帳を連携させてIT資産のライフサイクルを管理する。PCから収集した各種操作情報や資産情報などをもとに集計解析してレポートを作成できるほか、PCの稼働状況や違反件数などを集計してグラフ表示させることも可能だ。

 そのほか、Windows更新プログラムの適用スケジュールを一元管理する機能や、トラブル発生時などに遠隔地から操作できるリモートコントロール機能、PCのレジストリ設定値を変更する機能など、運用管理向けの支援機能も充実している。

MaLionのまとめ
用途と機能情報漏えい対策とIT資産管理を兼ね備えた運用管理ソフト
特徴社内PCや外部デバイスなどの端末情報を収集、制御することで情報漏えいを防ぐ。ウェブアクセスやUSBメモリのPC接続など各種操作ログの収集、操作制限、IT資産情報収集、ライセンス管理などが可能
導入企業ポリゴン・ピクチュアズ、タイセイ・ハウジー、レコチョク、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]