IaaS 富士ソフト

FSCloud Force:FISC安全対策に準拠のIaaS--固定価格方式、国内で運用

IaaSの「FSCloud Force」は、FISCの安全対策基準に準拠した国内データセンターで運用している。ウイルス対策やIPS、WAFなどのセキュリティ機能もオプションで提供し、固定価格方式を採用しているため、為替変動や通信量による影響を受けない。

FSCloud Forceのポイント

  • FISCの安全対策基準に準拠した国内データセンターで運用しているIaaS
  • ウイルス対策やIPS、WAFなどのセキュリティ機能もオプションで提供
  • 固定価格方式を採用しているため、為替変動や通信量による影響を受けない

FSCloud Forceの製品解説

 富士ソフトの「FSCloud Force」は、フリービットの「フリービットクラウド VDC」を基盤として両社が共同開発したIaaSだ。

編集部おすすめの関連記事

 金融情報システムセンター(FISC)の安全対策基準に準拠した国内データセンターを自社運用している。ウイルス対策や侵入防止システム(IPS)、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)などのセキュリティ機能もオプションで提供する。

 固定価格方式を採用しているため、為替変動やトラフィック量による影響を受けない、シンプルな料金体系となっている。一般的なパブリッククラウドと同等の低価格帯でサービスが利用できるのもメリットだ。

FSCloud Forceのまとめ
用途と機能FISCの安全対策基準に準拠した国内データセンターで運用しているIaaS
特徴ウイルス対策やIPS、WAFなどのセキュリティ機能もオプションで提供。固定価格方式を採用しているため、為替変動やトラフィック量による影響を受けない
税別価格初期導入費用0円から、月額7000円から(1vCPU、2GバイトRAM、50GバイトHDD、CentOSの場合)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]