IaaS 富士ソフト

FSCloud Force:FISC安全対策に準拠のIaaS--固定価格方式、国内で運用

IaaSの「FSCloud Force」は、FISCの安全対策基準に準拠した国内データセンターで運用している。ウイルス対策やIPS、WAFなどのセキュリティ機能もオプションで提供し、固定価格方式を採用しているため、為替変動や通信量による影響を受けない。

FSCloud Forceのポイント

  • FISCの安全対策基準に準拠した国内データセンターで運用しているIaaS
  • ウイルス対策やIPS、WAFなどのセキュリティ機能もオプションで提供
  • 固定価格方式を採用しているため、為替変動や通信量による影響を受けない

FSCloud Forceの製品解説

 富士ソフトの「FSCloud Force」は、フリービットの「フリービットクラウド VDC」を基盤として両社が共同開発したIaaSだ。

編集部おすすめの関連記事

 金融情報システムセンター(FISC)の安全対策基準に準拠した国内データセンターを自社運用している。ウイルス対策や侵入防止システム(IPS)、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)などのセキュリティ機能もオプションで提供する。

 固定価格方式を採用しているため、為替変動やトラフィック量による影響を受けない、シンプルな料金体系となっている。一般的なパブリッククラウドと同等の低価格帯でサービスが利用できるのもメリットだ。

FSCloud Forceのまとめ
用途と機能FISCの安全対策基準に準拠した国内データセンターで運用しているIaaS
特徴ウイルス対策やIPS、WAFなどのセキュリティ機能もオプションで提供。固定価格方式を採用しているため、為替変動やトラフィック量による影響を受けない
税別価格初期導入費用0円から、月額7000円から(1vCPU、2GバイトRAM、50GバイトHDD、CentOSの場合)

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]