データベース クラウドサービス

グーグル「Cloud Spanner」--従来型とNoSQL両データベースを組み合わせた機能性

グーグルの新しいデータベースサービス「Cloud Spanner」が米国時間2月14日、パブリックベータ版として正式にリリースされた。同サービスは、従来のデータベースとNoSQLデータベースを組み合わせた機能性を提供する。

 Googleの新しいデータベースサービス「Cloud Spanner」が米国時間2月14日、パブリックベータ版として正式にリリースされた。同サービスは、従来のデータベースとNoSQLデータベースを組み合わせた機能性を提供する。

 新サービスを発表したGoogleのブログ記事によると、データベース管理者は従来型データベースのトランザクションの一貫性を取るか、NoSQLが実現する拡張性と分散処理を取るかで決断を迫られるのが普通だという。これに対し、「Cloud Spannerはそうした二分法を解消し、両方のクリティカルな機能を、完全に管理された1本のサービスにして提供する」という。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1235文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan