ファイル共有 大塚商会

どこでもキャビネット:社内外、外出先でも参照できるファイル共有サービス

たよれーる どこでもキャビネットのポイント

  • 利用者IDのない第三者ともファイルを送受信
  • 履歴を確認、削除したデータでも10日以内なら検索、参照可能
  • 通信を暗号化可能、アクセス権限も制限可能

たよれーる どこでもキャビネットの製品解説

 大塚商会の「たよれーる どこでもキャビネット」は、社内外とのファイル共有を可能にするオンラインストレージだ。社内データやファクス画像をスマートデバイスから確認できる。アクセスログ管理などのセキュリティ機能も備える。

編集部おすすめの関連記事

 ドラッグ&ドロップ操作でファイルを登録できる。Windows版とiOS版のアプリを提供。管理者によるIDの一括管理に対応し、利用IDのない第三者とも最大2Gバイトまでファイルを送受信できる。操作履歴や送受信したファイルの履歴確認も可能で、誤って削除してしまったデータでも10日以内なら検索、参照、ダウンロードできる。

 接続時の通信暗号化をはじめ、アップロードしたファイルのウイルスチェックを実施。IDやIPアドレスでのアクセス制限や閲覧可能範囲の制限のほか、キャビネット単位での登録権、参照権などの権限も設定可能。変更前のファイルを自動で補完し、必要に応じて過去のバージョンに戻したり、削除したファイルをキャビネットに戻したりできる。

 クライアント証明書で利用端末を限定できるセキュリティ強化版も用意。証明書の申請、発行、更新、失効の手続きを管理者機能ページから手続き可能で、情報漏えいリスクを軽減できる。

どこでもキャビネットのまとめ
用途と機能社内外とのファイル共有を可能にするオンラインストレージ
特徴ドラッグ&ドロップ操作でファイルを登録できる。Windows版とiOS版のアプリを提供。管理者によるIDの一括管理に対応し、利用IDのない第三者とも最大2Gバイトまでファイルを送受信できる
税別価格初期費用は無料、月額料金は3000円(50Gバイト)から
導入企業三井住友海上プライマリー生命保険、ファンケル、三洋工業東北システム、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan