ウェブ会議 ソフトバンク

PrimeMeeting:「Skype for Business」との連携も可能なビデオ会議サービス

クラウド型ビデオ会議サービスの「PrimeMeeting」は、専用端末やスマートデバイスなど、参加場所やシーンにあわせてマルチデバイスで利用できる。社外とも事前登録やID発行なしでビデオ会議を開ける。

PrimeMeetingのポイント

  • 専用端末やスマートデバイスで利用できるクラウド型ビデオ会議サービス
  • 社外とも事前登録やID発行なしでビデオ会議を開催できる
  • Skype for BusinessからPrimeMeetingの仮想会議室への入室が可能

PrimeMeetingの製品解説

 ソフトバンクの「PrimeMeeting」は、専用端末やスマートデバイスで利用できるクラウド型ビデオ会議サービスだ。システムの導入コストを削減できるほか、社外とも事前登録やID発行なしでビデオ会議を開催できる。

編集部おすすめの関連記事

 Microsoftの「Skype for Business」とも接続可能だ。Skype for BusinessからPrimeMeetingの仮想会議室への入室が可能になっており、Skype for Businessと専用端末で会議を開ける。

 複数店舗でレイアウトや売れ筋商品を共有したり、外出先からセミナーに参加したり、客先から社内パートナーに連絡して図面説明したり、といった使い方も可能だ。

PrimeMeetingのまとめ
用途と機能マルチデバイスで利用できるクラウド型ビデオ会議サービス
特徴システムの導入コストを削減できるほか、社外とも事前登録やID発行なしでビデオ会議を開催できる。Skype for Businessとも接続可能
税別価格ルーム5(1ルームあたり最大5同時接続、インターネット経由、HDビデオ(720p)、資料共有):初期費用5000円、月額1万1800円
ルーム10(1ルームあたり最大10同時接続、インターネット経由、HDビデオ(720p)、資料共有、録画):初期費用5000円、月額2万9800円、ほか

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]