IoT プロジェクト管理 開発

IoT導入で変わるプロジェクトの管理手法--押さえておきたい6つのポイント

モノのインターネット(IoT)の時代を迎えた今、プロジェクトの構築や管理のあり方を改めて見直すことが求められている。

 IT部門の要員は、最初にシステムやプロジェクトのライフサイクル、すなわち定義、設計、開発、テスト、実装の順に開発を進めていく手法を学んだ。やがて、アジャイル開発という手法の登場により、この手法は終焉を迎えた。そして、コラボレーションが促されるようになり、それまでのプロジェクトライフサイクルに含まれていた工程の多くが並列処理されるようになった。そして、モノのインターネット(IoT)の時代を迎えた今、プロジェクトの構築や管理のあり方を改めて見直すことが求められている。

 Gartnerが2016年に発表した調査結果によれば、企業の43.5%がIoTを使用している、もしくは導入を計画しており、2017年はさらにその数が増加することが確実だという。読者やその知り合いの皆さんも、IoTプロジェクトの運営を任されたマネージャーの1人かもしれない。ただし、新たな任務を引き受ける際に理解しておくべきことがある。これまでは、ITプロジェクトの管理に徹していればよかったが、今後は違ったやり方でプロジェクトを運営する必要があるということだ。

 ここでは、IoTの導入によってプロジェクトの管理手法がどう変わるのか、押さえておきたい6つのポイントを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2678文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 標的型攻撃に侵入されている組織は「4社に1社」─衝撃の事実に企業はどう立ち向かうべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]