ドローン

世界ドローン市場、2017年は300万台弱、60.5億ドル規模--成長ペースは鈍化

ガートナーは、世界ドローン市場に関する調査結果を発表した。それによると、2017年の出荷台数は299万1400台で、前年の215万2200台に比べ39.0%増える見通し。

 Gartnerは、世界ドローン市場に関する調査結果を発表した。それによると、2017年の出荷台数は299万1400台で、前年の215万2200台に比べ39.0%増える見通し。ただし、2016年の出荷台数は前年比60.3%増で、それに比べると成長ペースは鈍化した。

 市場規模は、売上高60億4935万6000ドルで、前年の45億511万7000ドルから34.3%拡大すると予想。前年の成長率は35.5%だった。

 一般向けのドローン市場は、個人用も商用も政府によるドローン規制の影響で成長が鈍っているものの、ドローン人気が落ちたわけではないという。ドローン市場は全体として大きく成長していくが、状況は個人用と商用で大きく異なるそうだ。

 2017年における出荷台数の見通しは以下のとおり。括弧内は、前年同期の数値。

  • 個人用ドローン
    • 出荷台数:281万7300台(204万1900台)
  • 商用ドローン
    • 出荷台数:17万4100台(11万300台)
  • 合計
    • 出荷台数:299万1400台(215万2200台)

出荷台数(出典:Gartnerの公表データをグラフ化)
出荷台数(出典:Gartnerの公表データをグラフ化)

 2017年における売上高の見通しは以下のとおり。括弧内は、前年同期の数値。

  • 個人用ドローン
    • 売上高:23億6222万8000ドル(17億584万5000ドル)
  • 商用ドローン
    • 売上高:36億8712万8000ドル(27億9927万2000ドル)
  • 合計
    • 売上高:60億4935万6000ドル(45億511万7000ドル)

売上高(出典:Gartnerの公表データをグラフ化)
売上高(出典:Gartnerの公表データをグラフ化)

 なお、商用ドローンの分野では、配送業務へのドローン活用が注目されている。しかし、実際のところ当面は市場として拡大せず、2020年時点で商用市場の1%にも満たない規模と見込む。

 それに対し、インフラ設備などを検査するための調査ドローンは、商用市場の30%を占めるとみる。また、農業分野への活用も早期に進むが、コストが重しになり7%にとどまるという。

「ドローン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]