ERP 日本オラクル

三井物産プラスチック、予算管理SaaS採用--60部門と表計算ソフトをやり取り

合成樹脂の専門商社である三井物産プラスチックは予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting CS」を採用する。約60部門から集計する予算編成データを一元管理できるようになる。

 三井物産プラスチックは予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service(CS)」を採用する。日本オラクルが2月9日に発表した。

 三井物産プラスチックは、約60部門から集計する予算編成データをクラウドで一元管理できるようになる。営業部門の商流分析や要員の適正配置にも活用していく予定だ。

残り本文:約542文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan