PBX KDDI

KDDI 仮想PBXサービス:PBXの運用保守を軽減するクラウドサービス

クラウドPBXサービスの「KDDI 仮想PBXサービス」は、構内交換機の機能をクラウドで提供。固定電話の使用台数は無制限。スマートフォンでも固定電話番号を発着信できる。SaaS型グループウェアと連携可能。

KDDI 仮想PBXサービスのポイント

  • PBXや関連通信機器、内線電話機などの設備が不要
  • スマートフォンで固定電話番号での発着信が可能
  • SaaS型グループウェアと連携可能

KDDI 仮想PBXサービスの製品解説

 KDDIの「KDDI 仮想PBXサービス」は、構内交換機(PBX)の機能をクラウドで提供するサービスだ。プライベートクラウドで企業ごとに専用環境を用意する。電話回線「KDDI 光ダイレクト」と「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」向けのサービスで、電話機やPBXなどは全て同社が用意し、固定電話の使用台数は無制限。

編集部おすすめの関連記事

 PBXをクラウド化することで、PBXや関連通信機器、内線電話機などの設備が不要になるだけでなく、電話機器の運用、保守、管理、さらに各拠点内の内線接続と内線に関わる業務などの負担も軽減できる。

 スマートフォンでも固定電話番号を発着信できる。これにより不在時の代理応答や取次業務を削減可能だ。また、「KDDI ビジネスコールダイレクト」との併用で、au端末や他拠点と定額で内線通話することが可能になる。

 企業内のコミュニケーション環境を統一する機能も備える。例えば、社内のアドレス帳をウェブポータル化し、さまざまな端末から利用できるようになる。また、ビデオ会議は内線電話による接続も可能で、スマートフォンやタブレットで社外から参加することもできる。「Office 365 with KDDI」や「G Suite Basic」などのグループウェアとの連携も可能で、社内外の情報共有のスピードアップにも役立てられる。

KDDI 仮想PBXサービスのまとめ
用途と機能PBX機能をクラウドで提供するサービス
特徴PBXのクラウド化により初期導入コスト、管理、運用コストの削減が可能。同社の固定電話サービスのみで内線機能を利用でき、スマートフォンで固定電話番号での発着信が可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan