ECサイト セールスフォース・ドットコム

Salesforce Commerce Cloud:デジタルと店舗の両方を支援するEC向けクラウド

電子商取引(EC)向けクラウドサービスの「Salesforce Commerce Cloud」は、ウェブやモバイル、ソーシャル、実店舗などの販売ポイントを横断した運営業務を支援する。独自AIを利用した機能を備える。

Salesforce Commerce Cloudのポイント

  • ウェブやモバイル、ソーシャル、実店舗などの販売ポイントを横断した運営業務を支援
  • 独自AIのSalesforce Einsteinを利用した機能を備える
  • モバイル決済サービス「Apple Pay」を用いたワンタッチ決済に対応

Salesforce Commerce Cloudの製品解説

 セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Commerce Cloud」(旧Demandware)は、電子商取引(EC)向けのクラウドサービス。ウェブやモバイル、ソーシャル、実店舗などの販売ポイントを横断した運営業務を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 マーケティングやマーチャンダイジング、プロモーションなどによって顧客のエンゲージメントやコンバージョンの向上を目指す。「Commerce Cloud Digital」と「Commerce Cloud Store」という2つの製品で構成される。

 Commerce Cloud Digitalは、デジタルチャネルにおける商品コンテンツの管理やキャンペーンの実施、季節プロモーションの変更、A/Bテストの実行を支援する。顧客のエンゲージメント向上と収入源の拡大を図る。

 Commerce Cloud Storeは、モバイル対応の販売時点情報管理(POS)と店舗運営のための機能を提供する。パーソナライズされた顧客体験やモバイル端末の活用、販売業務の効率化などを支援し、顧客へのサービスを向上する。

 独自の人工知能(AI)技術「Salesforce Einstein」を利用した「Commerce Cloud Einstein」機能も備える。例えば、顧客一人ひとりの好みにあったおすすめ商品を提示する「Product Recommendations」、関心のありそうなコトやモノをベースに検索結果を導く「Predictive Sort」、小売業者が商品を購入する関連性を把握して取引や店舗計画を強化する「Commerce Insights」などの機能を活用できる。

 Appleのモバイル決済サービス「Apple Pay」を使った決済に対応している。iPhoneやiPad、Macから手軽かつ安全に買い物ができる。

Salesforce Commerce Cloudのまとめ
用途と機能EC向けのクラウドサービス。ウェブやモバイル、ソーシャル、実店舗などの販売ポイントを横断した運営業務を支援する
特徴マーケティングやマーチャンダイジング、プロモーションなどによって顧客のエンゲージメントやコンバージョンの向上を目指す。独自AIのSalesforce Einsteinを利用した機能も備える

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan