EAI/ESB セゾン情報システムズ

DataSpider Cloud:パブリッククラウドとも連携するデータ統合サービス

データ統合サービス(iPaaS)「DataSpider Cloud」は、異なるシステムのデータやアプリケーションをつなぐ。AWSやSalesforce、kintone、G Suite、Azureなどを社内システムと素早く連携し、ビジネスに組み込むことが可能になる。

DataSpider Cloudのポイント

  • AWSやSalesforce、kintone、G Suite、Azureなどと連携
  • CSVやExcel、HTML、XML、固定長、可変長に対応
  • 半角カナ/西暦・和暦の変換などのデータ加工も可能

DataSpider Cloudの製品解説

 セゾン情報システムズの「DataSpider Cloud」はクラウド型データインテグレーションサービス(Integration Platform as a Service:iPaaS)。異なるシステムのデータやアプリケーションをつなぐ企業アプリケーション統合(EAI)ソフトウェア「DataSpider Servista」をベースにしている。

編集部おすすめの関連記事

 クラウドとの連携ニーズ、クラウド化されずオンプレミスに残されたシステムとの連携、クラウドならではのシステムバージョンアップへのスピーディな対応やエラーハンドリングなど、クラウドを前提とした連携サービスに対応するために開発された。

 Amazon Web Services(AWS)やSalesforce、kintone、G Suite、Microsoft Azure、Dynamics 365などの各種クラウドサービスを社内システムと素早く連携し、ビジネスに組み込むことが可能になる。

 ファイルともデータを連携できる。CSVやExcel、HTML、XML、固定長、可変長に対応。ネットワークではメールやFTP、RESTなどに対応する。データベースではJDBCのほかにOracle DatabaseやSQL Server、PostgreSQL、DB2 UDB、MySQL、MongoDBに対応。Hadoopとも連携できる。

 ノンプログラミングで連携処理を作成することが可能。GUIでドラッグ&ドロップでのデータ処理アイコンの配置とフローを定義できる。「Thunderbus」技術で仮想私設網(VPN)不要でセキュアにオンプレミスと連携できるほか、半角カナ/西暦・和暦の変換などのデータ加工に対応している。

 作成したデータトリガー連携処理はトリガー機能でさまざまなタイミングで自動で起動できる。スケジュールトリガーは日次や週次、月次、年次でスクリプトを起動。インターバルトリガーは最小単位1秒の一定間隔でスクリプトを起動させられる。HTTPトリガーはブラウザのボタンクリック時にスクリプトを起動。ファイルトリガーはファイルキャッシュ領域にファイルが配置されたときに起動できる。

 サービスメニューは「Entry」「Basic」「Advance」の3つで利用できるアダプタの種類が異なる。それぞれ本番用と開発用のライセンスを用意、初期費用と月額費用が必要になる。

DataSpider Cloudのまとめ
用途と機能データ統合サービス
特徴データベースではJDBCのほかにOracle DatabaseやSQL Server、PostgreSQL、DB2 UDB、MySQL、MongoDBに対応。決められた日時や一定間隔、ファイルが配置された時などのトリガーでスクリプトを起動
税別料金※Entry
初期費用=本番用:60万円、開発用:30万円
月額費用(5クライアント)=本番用:12万円~、開発用:6万円~

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  4. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]