通信・通話

PCIe 4.0のリリース延期とその影響--業界で広がる新規格確立の動き

通信規格PCIe 4.0の策定が遅れている。新規格の早期策定を望むITベンダー各社は、コンソーシアムを立ち上げてPCIeに代わる規格の策定を目指している。

 PCI Express 3.0は、メモリ、マイクロプロセッサ、ネットワーキング、ストレージ間の通信規格として、エンタープライズコンピューティング分野で確固たる支持を得ているが、新たな競争に直面している。PCIe規格の次期メジャーアップデートに、一部の有力な支持者が失望しているからだ。

 同規格を管理する業界団体PCI-SIGの関係者が第4世代の計画について語ったのは5年以上前のことであり、当時はバージョン4.0が2015年までに登場する見込みだと述べていた。新規格の遅れとともに、ビッグデータ、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)、モバイルコンピューティングの昨今のトレンドもあって、今では複数の大手ITベンダーがデータボトルネックへの新たなアプローチを求めるようになっている。

 PCIe 4.0として知られる次世代規格は、データ転送速度が16GT/s(ギガトランスファー毎秒)となる見込みで、これは現行バージョンの2倍にあたる。この速度は、大容量のデータを短時間で送信するバースト方式を使うことで、現在の半分から4分の1の電圧レベルで実現するという。IBMのエンジニアでPCI-SIGのチェアマンを務めるAl Yanes氏はこのように説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2888文字 ログインして続きを読んでください。

「通信・通話」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]