通信・通話

PCIe 4.0のリリース延期とその影響--業界で広がる新規格確立の動き

通信規格PCIe 4.0の策定が遅れている。新規格の早期策定を望むITベンダー各社は、コンソーシアムを立ち上げてPCIeに代わる規格の策定を目指している。

 PCI Express 3.0は、メモリ、マイクロプロセッサ、ネットワーキング、ストレージ間の通信規格として、エンタープライズコンピューティング分野で確固たる支持を得ているが、新たな競争に直面している。PCIe規格の次期メジャーアップデートに、一部の有力な支持者が失望しているからだ。

 同規格を管理する業界団体PCI-SIGの関係者が第4世代の計画について語ったのは5年以上前のことであり、当時はバージョン4.0が2015年までに登場する見込みだと述べていた。新規格の遅れとともに、ビッグデータ、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)、モバイルコンピューティングの昨今のトレンドもあって、今では複数の大手ITベンダーがデータボトルネックへの新たなアプローチを求めるようになっている。

 PCIe 4.0として知られる次世代規格は、データ転送速度が16GT/s(ギガトランスファー毎秒)となる見込みで、これは現行バージョンの2倍にあたる。この速度は、大容量のデータを短時間で送信するバースト方式を使うことで、現在の半分から4分の1の電圧レベルで実現するという。IBMのエンジニアでPCI-SIGのチェアマンを務めるAl Yanes氏はこのように説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2888文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  4. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan