情報漏えい対策 応用電子

FKEY SConnect:Windowsと完全分離した環境をPCに構築--データも残らず

セキュリティソフトの「FKEY SConnect」は、Windowsのシステムと完全分離したセキュリティ環境をPCに構築。ハードディスクなどへのアクセスが制限され、Windowsがマルウェアに感染しても、影響を受けない。

FKEY SConnectのポイント

  • Windowsのシステムと完全分離したセキュリティ環境をPCに構築
  • セキュアブラウザ機能とセキュアデスクトップ機能を用意
  • 端末に業務データが残らないために情報漏えいを防げる

FKEY SConnectの製品解説

 応用電子の「FKEY SConnect」は、Windowsのシステムと完全分離したセキュリティ環境をPCに構築するセキュリティソフトだ。業務環境からの情報の持ち出しや未知のデータの持ち込みを防止する。

編集部おすすめの関連記事

 FKEY SConnectで構築したセキュリティ環境(FKEY分離環境)はハードディスクなどへのアクセスが制限される。Windowsがマルウェアに感染しても、FKEY分離環境はその影響を受けない。ディスクドライブなどの外部機器へのアクセスもできない。

 セキュアブラウザ機能とセキュアデスクトップ機能を用意する。セキュアブラウザでインターネットや社内ネットワークにアクセスしたり、セキュアデスクトップで仮想デスクトップ(VDI)やリモートアクセスが可能だ。再起動するとシステムが初期状態に戻るため、マルウェアに感染しても自動で除去される。

 業務データが端末に残らないため、端末を紛失しても情報漏えいを防ぐことができる。リモートデスクトップの接続データやブラウザのユーザーデータは暗号化して保持される。

 標準で対応する仮想私設網(VPN)は「BIG-IP Edge Gateway」「Junos Pulse Secure Access」「ASA 5500-X Series Next-Generation Firewalls」。VDIは「Windows Remote Desktop Service」「XenApp/XenDesktop」「VMware Horizon」「Ericom Power Term WebConnect」に対応する。

FKEY SConnectのまとめ
用途と機能Windowsのシステムと完全分離したセキュリティ環境をPCに構築するセキュリティソフト
特徴業務環境からの情報の持ち出しや未知のデータの持ち込みを防止する。Windowsがマルウェアに感染しても、FKEY分離環境はその影響を受けない

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]